「痴漢だ!」女性に間違われたときの 対処法を弁護士が解説

img_0

「身に覚えがないのに『痴漢です!』といわれた時には、

その場で『名誉毀損で告訴します』とはっきり伝えることを

おすすめします」

と語るのは、最高検検事を務めた日比谷ステーション

法律事務所の粂原研二・弁護士である。

刑法230条には、<公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損

した者は、その事実の有無にかかわらず、

3年以下の懲役もしくは禁固、または50万円以下の

罰金に処する>とある。

車内、あるいは駅のホームという不特定多数の前で

痴漢呼ばわりすることは「名誉毀損」に当たるというわけだ。

粂原氏によると、具体的な対処法は以下の通りだ。

女性に痴漢呼ばわりされたら、車内で「何をいってるんですか。

私は何もしてません。

人違いです」と何度も繰り返し主張する。

これは後で「当初は弁明しなかったじゃないか」と

いわれないようにするためだ。

それから慌てずにホームに降りる。重要なのは

スマートフォンなどを使ってやりとりを録音することだ。

「名誉毀損行為があったこと」と「終始否定し続けていたこと」

を証拠化するためである。録音は自己防衛行為なので、

秘密で行なってよい。

スポンサードリンク

「女性は『お尻を触った』『胸を触った』と騒ぐでしょう。

それに対して『やめてください。どういう根拠で犯人

だというのですか。

名誉毀損で告訴します』とはっきり宣言します。

違うと主張しているのにその後も痴漢呼ばわりされれば、

それは『故意に』名誉を毀損しているということになり、

スポンサードリンク

名誉毀損の主張を支える材料になります。

『犯人だ』とする理由を聞くことも大切です。

警察が来たら落ち着いて再び状況を説明し、手指などの

微物検査をしてほしいと積極的に申し出る。

加えて『不特定多数の人の前で“胸を触った”などと

事実無根のことをいわれて名誉を傷つけられたので、

この女性を告訴します。

厳重に処罰してください』とはっきり告げましょう」

痴漢事件では警察が女性の言い分を信頼し、

逮捕に至ることが多い。

録音などの証拠を集めて名誉毀損で告訴すると宣言することで、

警察は「慎重に捜査したほうがいい」と考えるようになる。

さらに自ら「微物検査をしてほしい」とまでいえば、

現行犯逮捕にも慎重になる。

それでも不幸にして逮捕されたら、「名誉毀損です。

女性も逮捕してください」「私だけ逮捕されるのは

納得できない。

弁護士を呼んでください」と訴え続けること。

起訴され裁判になった場合に、そうして主張し続けていた

ことや録音などが無実を証明する材料になる。

徹頭徹尾、自分の主張を曲げないことが大切だ。

もちろん、この方法が有効なのはあくまでも身に

覚えがない場合である。

「本当は痴漢しているのに名誉毀損で告訴すると、

条例違反または強制わいせつ罪に問われるのはもちろん、

刑法172条の虚偽告訴罪になり、3か月以上10年以下の

懲役という重い罪になります」

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者