がん治療に朗報 肺がんが完全に消えた!シカゴ大の中村祐輔教授 新発見 プロフィール

がん細胞を狙い撃ちする分子標的薬の新しい有力候補となる

化合物を見つけたと、米シカゴ大の中村祐輔教授の研究チームが

22日、米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・

メディシン」に発表した。

中村教授によると、この化合物を使ってマウスで実験

したところ、肺がんが完全に消えたという。

研究チームは、がん細胞の増殖で重要な役割をする

「TOPK」というたんぱく質に注目。

30万種類の化合物の中から、TOPKの働きを妨げる化合物を

探し出した。

スポンサーリンク
/ /

この化合物を、肺がんのマウス6匹に週2回ずつ3週間、

注射した。すると、5匹のがん細胞は、最初の注射から

25~29日後に完全に死滅した。

TOPKの働きが妨げられ、がんの細胞分裂が止まったとみられる。

化合物をそのまま投与すると白血球が減るなどの副作用があったが、

化合物を脂質の膜で包む改良を加えると、副作用は小さくなったという

o0400049212428504130

中村 祐輔 プロフィール

スポンサーリンク
/ /

【氏  名】 中村 祐輔 (なかむら ゆうすけ)
【生年月日】 1952年 12月 8日 (大阪府生まれ)
【現  職】 シカゴ大学医学部 内科教授、外科教授/
個別化医療センター 副センター長

東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター
ゲノムシークエンス解析分野 特任教授(併任)
【国内連絡先】 〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1 総合研究棟7階
東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター
ゲノムシークエンス解析分野

【職歴・学歴】       1977年 3月 大阪大学医学部卒業
1977年 6月 大阪大学医学部付属病院(第2外科)
1981年 4月 大阪大学医学部附属分子遺伝学教室研究生
1984年10月 米国ユタ大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員
1987年 9月 米国ユタ大学人類遺伝学教室助教授
1989年 9月 (財)癌研究会癌研究所生化学部部長
1994年10月 東京大学医科学研究所分子病態研究施設教授
1995年 4月 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長(
2011年1月迄)
2005年 4月 (併任)理化学研究所 ゲノム医科学研究センター長(
2010年3月迄)
2010年 4月 (併任)理化学研究所 ゲノム医科学研究センター
特別顧問
2011年 1月 (併任)内閣官房参与・内閣官房医療イノベーション
推進室長(2011年 12月迄)
2012年 4月 シカゴ大学医学部 内科教授、外科教授/
個別化医療センター 副センター長
(併任)東京大学医科学研究所 ゲノムシークエンス解析分野
特任教授

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者