便秘解消!?書店や図書館などで トイレに行きたくなる謎?

007

書店や図書館など、本に囲まれた場所でトイレに行きたくなる、

しかも大の方をしたくなった経験は、ありませんか?

本に囲まれた場所が便意を誘う理由には、

様々な説があります

何をやっても効かない、頑固な便秘症の人そんな不思議な

現象の理由、さまざまな説を探ってみましょう。

■1:本のニオイが便意を誘う

本の紙やインクのニオイが、便意を誘うという説があります。

それらには、化学物質が含まれており、本屋に長くいると

それらの物質を鼻などから吸収することで、体が反応して

いる可能性があります。

この説で考えると、新品の本が並ぶ書店よりも、古い本が

並ぶ図書館や古本屋の方が、紙やインクのニオイが充満

しており、効果があるのではないでしょうか。

また、紙のニオイが無意識に、トイレットペーパーを

連想させている、という説もあります。

■2:狭くトイレに行けない空間が便意を誘う

本屋のように狭い空間にいることで、知らないうちに

スポンサードリンク

体がストレスを感じているという説。

「簡単にはトイレに行けない」と無意識に思うことが、

よけいに体に刺激となって、便意を誘っている

可能性があります。

この説に基づくと、新しく広い書店よりも、窮屈さを

感じるような小さな書店や古本屋の方が、よりトイレに

行きたくなる確率が高くなりそうです。

スポンサードリンク

■3:本が与えるプレッシャーが便意を誘う

本屋のように活字が大量に並ぶ空間は、それが好きな

人にとっては快適さを与えますが、一方で「その大量の

情報の中から自分が探すものを見つけ出さなければ

ならない」と、プレッシャーに感じる人もいます。

そんなプレッシャーが、体に緊張をもたらし、

便意を感じさせる可能性があります。

■4:経験によって条件反射となる

これまでに本屋や古本屋で便意を感じたことがある人は、

その経験が体の記憶に刻まれます。

それが条件反射となって、同じ本に囲まれた空間にいると、

自然に同様の現象が起こるという説です。

いかがでしたか?

これまで本屋で便意を感じたことのない人や、

本屋で長時間過ごしたことのない方は、

やってみてはいかがですか?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者