82歳 現役トライアスロン 稲田弘 のアスリート「未来シアター」強さの秘密!?

2014y10m25d_151527756

82歳で、現役トライアスロンのアスリート 稲田弘さん

稲田さんは、2年前、ハワイで行われた、 アイアンマン

世界選手権、80歳以上のカテゴリーの部で 見事、

チャンピオンに輝きました。

トライアスロンは、完走すること自体が 難しいとされる

レースですが、持ち前のガッツで 見事に結果を残しました。

チャンピオンになっても 更なる進化を目指すという、

稲田トレーニングと同様に大切になってくる食事にも

こだわる稲田。

スポンサードリンク

練習時以外でも常にトライアスロンのことばかりを考えている。

妻の介護の体力づくりのために始めた水泳をきっかけに

69歳でトライアスロンを始める。

妻を病気で失ってからも妻を思いながら日々、辛い練習

にも耐えてきた。

今年、稲田は世界一過酷と言われるアイアンマンの

世界選手権に挑戦し、優勝を狙うさんのストイックな

生活が紹介されます。

908-inada

世界各地での予選とハワイでの決勝レース 年齢別に、

5歳刻みに、順位を決めて、上位の数名が ハワイ島コナで

行われる決勝大会に進めます。

アイアンマンという名称は、商標登録されていて その為、

決勝が行われるハワイ島コナは トライアスロンの聖地と

呼ばれています

日本での予選会、「アイアンマン・JAPAN」は、

以前は、滋賀の琵琶湖で行われていましたが

2000年から、長崎の五島列島で行われています。

日本でも、毎年、1500人のアスリートが

参加しているとか

この過酷なレースを見事完走したアスリートには

スポンサードリンク

アイアンマンの称号が、与えられます。

稲田さんがトレーニングを行っているのが 今年で、

創立20周年を迎える「稲毛インターナショナル

トライアスロンクラブ」です。

稲田さん、80歳過ぎても強いのは何故

元々、NHKにつとめていた稲田さんでしたが

奥さんの病気の看護の為、会社を退職しています。

ただ、病気の奥さんの世話をするには、

自分が健康でなければ、いけないとの思いから

近くのスポーツクラブで水泳をはじめたのが、

トライアスロンへのキッカケになりました。

水泳を始めると、みるみると記録が伸びることが う

れしかったそうで、そのうち、 ランニングをはじめる

ことになります。 そして、69歳の時にロードバイクに

魅せられて トライスロンへの挑戦を決意したのが70歳だったそうです

陸上競技をやっていたという下地はあったそうですが

トレーニングすることで、記録が伸びることが 稲田さん

自身が面白さ感じたそうなんですね。

普通は、80歳というよりも、現役を引退したら チャレンジ

という言葉は、死語になる人が多いのですが 若い頃から、

挑戦することが好きだったことが 功を奏しているようですね。

強さの秘密は、若い人と混じっての練習量がハンパでないこと

週4回行うスイムで、毎回3000メートルを泳ぎ

ロードバイクは、年間を通じて、トップアスリートと

同等の距離を走り、ランも、30Kmをこなしているとか

計画的にトレーニングしているところがすごいです

それに、メンタルの強さが一番かと

「やればできるじゃないか」というのが口癖の

稲田さんは、後ろを向くことはないのでしょう

2014y10m25d_150845424-181x181

稲田弘さんのプロフィール

1932年11月29日生まれ、

82歳 12年、アイアンマン世界選手権

80歳代のカテゴリーの部で、チャンピオン

「IRONMAN WORLD CHAMPION

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者