腰痛で悩み 有名アスリートもお忍びで通う「足指」トレーニングとは?

スポンサードリンク
20141105-00010000-livingweb-000-1-view

腰痛に苦しむ人は約2800万人。日本人4人に1人の割合です。
かくいう私も、ぎっくり腰を2回経験。もうこれ以上、
あの痛みを味わいたくない!

スポーツジャーナリストの石井紘人(はやと)さんも、しつこい
腰痛に悩むひとりでした。

しかし、取材を通じて知り合ったメディカルトレーナー・夏嶋隆氏
が指導する「足指トレーニング」のおかげで腰痛が改善!

長年手放せなかったコルセットをはずすことができたのです。

元サッカー日本代表の久保竜彦氏ほか、有名アスリートも
お忍びで通う夏嶋氏のもとで行われている「足指」トレーニングとは?

石井さんの著書『足指をまげるだけで腰痛は治る!』
(ぴあ)によると、骨盤にある「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」

が圧迫されると、腰痛が引き起こされるのだとか。
歩き方や足の使い方にクセがあると、足が変形したり、

“内旋(ないせん)”といって、足の先や太ももが体の内側に
傾いた状態になります。

その結果、腰とお尻の周辺にある仙腸関節が圧迫され、
痛みが生じるのです。

足指トレーニングは、長年のクセでズレた骨を、正しい位置に
戻すためのメソッド。

足指を強化することで、体の重心が傾かない歩き方や動作を
身につけるのです。

■実践!足指を鍛えるトレーニング

具体的には、どのようなトレーニングから始めるとよいのでしょうか? 2014年10月に東京都のGINZA楽・学倶楽部で実施された、
石井さんのレッスンから紹介します。

20141105-00010000-livingweb-001-1-view

◎足指でペットボトルを持ちあげる

スポンサードリンク

■足指をまげると腰痛が改善するのはなぜ?

水を入れたペットボトルに直径5ミリ、長さ30センチ程度の
ロープを結びつけます。
足の親指と人差し指でロープを挟み、持ち上げます。

20141105-00010000-livingweb-002-1-view

◎足指でゴルフボールをつかむ

足の親指と人差し指でゴルフボール(写真ではピンポン玉)を
挟みこむようにしてつかみ、持ち上げます。

20141105-00010000-livingweb-003-1-view

◎足指でゴムバンドを引っ張る

かかとにゴムバンドをひっかけて伸ばし、足の中指にひっかけます。
この状態をキープして、痛みが強くなったらはずします。

余力のある人は、もう1本ゴムバンドをかかとにひっかけて伸ばし、
親指と人差し指を2本一緒にひっかけます。

■今すぐチェック!あなたも腰痛予備軍?

今は痛みを感じない人も、将来腰痛を引き起こす足の使い方を
しているかも?

下の3つのポイントのうち、1つでも該当するなら要注意!

・体育座りの姿勢で、両膝を胸につけることができない。
・立って靴下をはく時、足先が地面に対して垂直にならず、
体の内側か外側にまげてしまう。
・いすに座っている時、気がつくと両膝が閉じて足元が開いた
状態になっている。

足指をしっかりまげると最初は痛いかもしれませんが、
毎日コツコツ続けていると、やがてバレリーナのように

足指だけで立てるようになり、腰痛体質とさよならできます。
整体やマッサージもいいけれど、根本から腰痛を克服したいなら
、足指を鍛えてみては?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者