引越しの準備  見積書の確認で 注意点情報!引越し会社を決めるのはあなた自身

スポンサーリンク
/ /
20130213-00028250-r25-001-3-view

入学 や 卒業、入社 や 転勤 などで引越しが決まると、
引越業者に荷物の搬送を頼むことになります。

一口に引越し業者と言ってもたくさんあるので、
あなたの求めているサービスを どれくらいの価格で行って

くれるか見積もりを出してもらい比較して選んでいくことに
なると思います。

この見積もりを出してもらう際には いくつか注意すべき点があります。この確認を怠ると後で困る事にもなりかねないので、きちんと把握しておくことが大切です。

でも、引越しは頻繁に行うものではないので見落としてしまう人も多いかもしれません。

この際にきちんと把握して、気持ちよく引越しができるように準備しておくと安心だと思いますよ。

1951-1288948616

そこで今回は、見積書で確認すべき注意点についてまとめました

見積書には以下の 2 種類 があります。

1.概算見積もり
2.正式見積もり

概算見積もり とは大まかな見積もりのことで、
インターネットや電話で大体どれくらいの金額になるかを

知るための見積りのことです。
ここで出される金額は確定料金ではないので注意しましょう。

確定されるのは、業者が実際に家に来て荷物のなどを
確認した後です。

このとき出されるのが 正式見積もり で、これが実際の
引越し料金となります。

でも、独身の方で荷物が少なかったり、単身パック等を
利用する人だと、実際に業者の方が家まで来て荷物の量を
確認することがない場合もあります。

私も何度か単身パックを利用したことがあるのですが、
インターネットや電話で問い合わせると、最初に伝えられた

金額で納得できればその金額で確定してくれました。
そのため、実際に荷物の量を家まで確認しに来るといった

手間はありませんでした。
荷物の少ないところまで回っていたら人件費もかかる
からなのかもしれませんね。

いまではインターネットで、簡単・お手軽に、また無料で
各引越し業者の見積もりが取れるようになったので、

とても便利になりましたが、これらの見積もりは
最低限の情報を元に、各引越し会社が値段を出していますので、
正確な数字ではありません。

ですので、一括見積もりをしてもらった中から、
候補に上がった3~5社を選んで、実際に自宅に来てもらって、

より正確な見積もりをとってもらい、そして最終的に
「値段・営業マンの対応・付加サービス・信頼感」などを

総合的に判断・比較して引越し会社を決めましょう!

1.家財チェックリスト
2.標準引越し運送約款

も一緒に渡してくれると思います。

◎即答しない

見積もりを数社に依頼しているのであれば、当然、
その場で決めないようにしましょう。

営業マンとしてはその場で決めてもらいたいので、
値段を若干安くしたり、さまざまなサービスを付けて

くれることもありますが、それはどの引越し会社でも同じなので、
「検討して後日連絡します」とハッキリ伝えましょう

(それでもなかなか帰ってくれない営業マンもいますが・・・)。

またこの場合、サービスとして日用品やダンボールなどを
置いていこうとする引越し会社もありますが、丁重に断って、

決めた場合にもう1度持ってきてくださいとハッキリといいましょう。

ダンボールなどを置いていかれたら、その引越し会社に
決めなくては申し訳ないと思いますし、その引越し会社に

決めなかった場合には面倒ですので
(うちの会社に決めなくてもダンボールは無料で

差し上げますといった引越し会社もありますが、
いずれにしても受け取らないほうがいいでしょう)。

無題

スポンサーリンク
/ /

では次に、見積書を確認する際のポイントについて
見ていきましょう。

見積書で確認すべきポイントは?
確認すべき点は いくつかあります。
以下に簡単にまとめますので参考にしてください。

1.運賃と料金の確認
2.梱包用資材の料金確認
3.作業内容の確認
4.オプションサービスの確認
5.国土交通省の認可番号の確認
6.キャンセル料の確認
7.保証条件の確認

◎交渉する

最終的には必ず値段を交渉してみましょう。
「Aという引越し会社は○○円でしたが、

そちらの会社ではもう少し安くなりませんか?」
と聞いてみましょう。

ただ単に「安くしてください!」というよりも他社を
引き合いに出せば、大手は難しいかもしれませんが、

中小の引越し会社の場合は結構、引越し料金は下がる
場合が多いですよ(他社の見積書を提示すればよりGoodです!)。

それでは、これらのチェックポイントについて ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1.運賃と料金を確認する
まず、料金体系を確認します。料金体系には以下の
2 つ があります。

1.時間制 運賃
2.距離制 運賃

どちらの方法で費用が計算されるのかによって料金も
大きく変わってくるので確認しておきましょう。

一般的な業者であれば 距離制運賃 になっていると思います。
また、当日に作業をする

・スタッフの人数や人件費
・トラックの運賃
・何トンのトラックが何台来るのか

なども確認しておくと安心です。お金を払うのはあなたなので
内訳をきちんと確認しておくことは大切だと思います。

2.梱包用資材の料金を確認する
梱包を業者に依頼する際は、使用する梱包資材についても
確認しておく必要があります。

梱包材の内訳には、

ダンボール
布テープ
エアーキャップ

といったものが細かく書かれているので、これらの料金に
ついてもチェックします。

もしここが 「 資材一式 」 と まとめて書かれていたら、
料金が水増しされている可能性もあるので、「 一式 」

とは具体的にどのようなものが含まれているのかも確認
しておくと良いかもしれません。

3.作業内容を確認する
荷造り や 荷解き、また大型家具の配置・設定など

引越し業者はどの作業を、どこまでやるのか?

といった点を項目ごとにチェックします。

書かれていない内容も多分やってくれるだろうと
安易に考えると、後で頼んだ際に追加料金が発生したり
断られたりするので注意しましょう。

4.オプションサービスの確認をする
オプションサービスを申し込む際は、オプション部分だけ
別に請求されることもあるので、必ず代金が見積もりに
含まれているかを確認しましょう。

5.国土交通省の認可番号を確認する
認可を受けた正規の引っ越し業者であるかを確認できる番号です。

引越し業者でなければ荷物を壊した際の補償も変わってきます。
初めて名前を聞くような業者であれば、念のため不法業者で
ないことを確認しておくと安心です。

6.キャンセル料を確認する

見積書、あるいは一緒に渡される書類に記載されている
「 キャンセル料 」 の内容についても確認します。

1

通常のキャンセル料は以下のような内容になっていると思います。

引越し当日の前々日までは無料
前日の場合は見積書の運賃額の 10 %
当日の場合は見積書の運賃額の 20 %

どこの業者も似たような料金になっているとは思いますが、
念のため書類の内容を確認するようにしましょう。

7.保証条件を確認する

保証条件は、キャンセル料と同様に別の書類に記載されてい
ることもあります。

万が一、荷物が壊れたり 紛失に遭ったときに、
どのような保証をしてくれるのかを把握しておきます。

この確認を怠るとトラブルの際に困るので注意しましょう。

以上が見積書を確認するときのポイントです。
この 7 つ の点を押さえて確認すると、スムーズに話を
進められると思います。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者