竹内洋岳 プロ登山家が 情熱大陸 に!人類初めてマランフランの頂に!?

purotoreck

竹内洋岳さん(たけうち ひろたか)プロ登山家 が情熱大陸に登場

日本人初の8000m峰全14座登頂(うち11座が無酸素)を成し遂げた高
所登山のスペシャリスト。

今竹内が目指している頂は、いまだ人類が登ったことのない
ネパールのマランフラン(標高6573m)。ベースキャンプ地も

アプローチルートもない、全てがゼロからのスタート。
いよいよ頂上に向けて登山を開始した時、事態は急変!

日本にいるスタッフに1本の電話が入った。
果たして人類初めてマランフランの頂に立てるのか!?

竹内洋岳さんはこう言うどんなことであれ、命をかける行為は
崇高だと思う

今、世界的な注目を集める先鋭的な登山家は、どのような人物なのか?

ph2

事故で失いかけた命を山で使い切りたい

「体が華奢なので、初めて会う方によく驚かれます。
でも、筋肉がつくと体重が重くなるし、

酸素の消費量が多くなるので、高所登山には筋肉はあまり
必要ないんです。

8000mの地点では、酸素量が平地の3分の1ほどですから」

「つい先日、心肺機能を測定したら、肺活量も何もかもごく
普通の41歳でした。

この結果は自分でもちょっと残念でしたが
そもそも私は子供の頃から走ることも泳ぐことも苦手。

球技もまったくできなかったので、超人でもなんでもないんです」

スポンサーリンク
/ /

「最初にイタリア人のメスナーが14座を制覇したのは
26年も前ですし、その後も20人以上が成功している。

だから記録としては大したことないんです。
でも、日本人は14座のひとつマナスルに初めて登頂し、

ヒマラヤの高峰に輝かしい記録をいくつも作っている。
それなのに、誰もこの記録を達成していないのは悔しい。

じゃあ自分がやってやろう、そう思って挑戦しただけです。
1995年のマカルー登頂を皮切りに、「一座一座ゆるやかに登り」

17年かけて14座すべての頂に立った。
その山頂で、たった一度だけ泣いたことがある。

2008年、ガッシャブルムⅡ峰を制したときのことだ。その前年、同じ山で竹内さんは雪崩に遭って仲間ふたりを失い、

自らも背骨を粉砕骨折した。救助にあたったドイツ人の医師に
「家族へ言い残すことはないか?」と聞かれたほどの重傷だった。

周囲からは「再起不能」と見られていたが、背骨にチタンシャフト
を埋め込む手術を受けた後、再びガッシャブルムII峰に
登るためのリハビリを開始した。

こうした思いが、2度目の挑戦で果たしたガッシャブルムII
峰登頂時の涙になったのだ。

スポンサーリンク
/ /

「それで、思ったんです。
登山をプロスポーツとしてとらえ、プロの登山家宣言をしようと。

野球選手でもサッカー選手でも、プロになったら、
『なぜ、あなたは点を取るんですか?』とは聞かれませんよね

だから私も06年にプロ宣言して、自分の決意を再認識するとともに、スポーツとして14座に登るんだ、と皆さんにアピールしたんです」

スポーツとしての登山は、フリークライミングなど競技化
されているものもあるが、竹内さんが挑む高所登山には

競争相手がいない。
いわば「この山に登る」と決めた自分自身との闘いだ。

「そう、あくまで競争相手は自分なんです。
つらい、もうやめたいと思う自分にチャレンジするスポーツとして、

高所登山は最高だと思っています」

takeuchi06

地図のない道を進むわくわく感が登山の原点

竹内さんの登山は、シェルパを雇わず、酸素も使わず、
軽装備・少人数で登頂を目指すコンパクトなスタイルだ。

「14座登山を始めた頃は酸素を使うことが主流だったので、
最初の3座は酸素を使いました。

でもドイツ人クライマーのラルフ・ドゥイモビッツと
出会ったことで、今のスタイルに変えたんです。

費用も時間も軽減できるし、失敗しても『また来ればいい』
と思える。

何より自然でフェアだと思う。今後もヨーロッパで主流の
スピード登山を続けたいですね」

「あの山に登りたい、と思った瞬間から登山は始まります。
地球上には無数の山がある。

私がマカルーを東稜(とうりょう)から登ったときは、
まだ不鮮明な衛星写真しかなく、チベットの谷をひとつひとつ

迷いながらルートを探しました。
でも、そのとき感じた楽しさが忘れられない。

山に登るのは、これが原点ではないかな。
14座登頂といっても、世界中にある頂のうち14ヵ所に

登ったというだけ。
これから登りたい山はたくさんあるんです」

senninkaihou_20130626_1

竹内洋岳(たけうち ひろたか)プロフィール

プロ登山家。1971年生まれ。

身長180cm、体重65kg

東京都出身。
立正大学仏教学部卒業。
株式会社ICI石井スポーツ所属。
立正大学客員教授。

登山好きの祖父の影響で、幼少より登山とスキーに親しむ。

1995年に初めての8000m峰マカルーに登頂。

2007年にガッシャブルムII峰で雪崩に巻き込まれ滑落、
腰椎破裂骨折の重傷を負うも奇跡的に生還する。

その後懸命なリハビリによりわずか1年後に回復、
事故にあった同じ山に登頂。

2012年5月に日本人初となる8000m峰全14座完全登頂を達成

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者