井上眞一バスケットボール部監督 プロフェッショナル 仕事の流儀 なぜ強い!

ouka-gakuen

桜花学園バスケットボール部監督…井上眞一 さん NHKプロフェッショナル 仕事の流儀に登場

桜花学園はなぜ強い? 高校女子バスケ界の頂点、井上監督の指導法

2014年の高校総体女子バスケットボールは、桜花学園の優勝に
終わった。

3年連続20度目の優勝を果たしたその強さは全国のバスケットボールファンの知るところだが、ここでは高校女子バスケ界の女王である

桜花学園を作り上げた、井上眞一コーチの哲学に触れてみよう。

バスケットボールは身体のぶつかり合いがどうしても必要で、
スキルがあってもパワーで負けたら全く意味がない。

小さくてもスターがいなくても、身体を張った激しいディフェンス
が機能し、選手の悪い部分を出さずに良いところを出せば勝てる。

食事とウエイトトレーニングから体を作っています。
体重がないと戦えない、下手くそでもいいからとにかく

パワーを付けるというのが私の考えです。
食事はとにかく量をとらせます。

引用ページ:桜花学園の強さを生み出す『体の重さ』
「代表養成チーム」の世界を意識した育成

0

井上監督は勉強を積んだうえで、バスケットボールはこういう
スポーツだという考えを自信をもって選手たちに伝えている。

「この目的の練習だよとわからせて入った方が効率がいい」と
監督自身も言っているが、コーチが何を見ているかを選手たちに

理解させることで、次のポイントである「細かな徹底した指導」
を実現していることも見逃せない。

ボールを移動するときのカバーの仕方、チェストパスの際の
つま先とかかとの使い方、重心移動の順番、コンタクト時の

スポンサーリンク
/ /

力の入れ方まで、ここまで丁寧にチェックするのかという
くらい指導する。

スポンサーリンク
/ /

何をどうするという具体的な動作を口にするので選手たちも
わかりやすいだろう。

また井上監督はケガをさせないための正しい動き方を教えたいと
いう意識から、一つ一つの動作に気を配るようだ。

選手の腰の高さをチェックするなど、井上監督の
キャリアからくる「目利き」の能力があってこその細かな

指導だと思うが、ただ「ディナイしろ!」というのではなく、
手をグーにしたりパーにしたりというところまで教えていく

身につけていくという姿勢は重要だ。

選手の人間性に気を配って指導しているということ。
もっとも特徴的なのは「社会性や礼儀を教え込んで、

やんちゃをいい子にすると良さを消してしまう。
渡嘉敷の場合は野性味を消さないように気をつけた」という部

分だろう。
選手や後輩を怒鳴りつけていうことを聞かせようとする

コーチやプレーヤーは多くいるが、こうした人の良さを生かそうと
することで結果を出す人がいることも覚えておくべきだ。

ic

井上眞一(いのうえ しんいち)プロフィール

1946年10月5日

中村高校から早稲田大学に進み、
卒業後は名古屋市の中学校に教員として赴任。

その後、守山中学校に異動、同校女子バスケットボール部で
1980年より全中8連覇のうち6連覇まで導いた。

1986年、当時既に全国大会で上位に進出していた
名古屋短大附属高校(現・桜花学園高校)の監督に

プロコーチとして就任。
1年目でインターハイ初優勝となり、以来インターハイ19回、
ウィンターカップ18回、国体15回の優勝を決めている。

一方、1988年から2001年までは、全日本ジュニア(
現U-18)のヘッドコーチとして国際大会でも指揮を執っており、

高校女子バスケの名将として君臨し続けている。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者