ノロウイルスの季節 予防法は!コワいのはその爆発的な感染力! 

tearai

ノロウイルスの季節がやってきた。
嘔吐・下痢をする感染性胃腸炎への感染者が東京都、埼玉県、

千葉県、大阪府などの都市部で増加し始め、流行の兆しを見せている。
例年11月ごろから翌年2月くらいまでの寒い時期に大流行する

感染性胃腸炎には、ロタウイルスなど他のウイルスによるものも
あるが、爆発的な集団感染を引き起こす原因は何といっても
ノロウイルスだ。

症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱を伴う場合もある。
ひどいときには嘔吐と下痢を繰り返して昼夜問わずトイレに駆け込み、

日ごろは健康な大人でも体力を消耗してゲッソリしてしまう。
通常は数日で回復し後遺症はないものの、乳幼児や体力が落ちている

高齢者の中には吐いた物を詰まらせて窒息死したり誤嚥性肺炎を
引き起こしたりするようなケースもあるので侮れない。

昨年もノロウイルスに感染後、心不全や肺炎などで死亡した
高齢者が相次いだ。

ノロウイルスは1968年にアメリカのオハイオ州ノーウォークの
小学校で急性胃腸炎に集団感染した患者たちの便から初めて確認された。

その後はノーウォークウイルス、ノーウォーク様ウイルスと
呼ばれたが、2002年に国際ウイルス学会で属名として「ノロウイルス」

と命名された。
正式にはノロウイルス属ノーウォークウイルス種というそうだ。

スポンサードリンク

感染経路としてよく知られているのが、ノロウイルスに汚染された
カキ、ハマグリ、ムールなどの二枚貝からの経口感染で、いわゆる

食中毒だが原因食品が特定されない場合も多い。
集団感染になるのは人から人への感染で、ノロウイルス患者や

症状が出ない不顕性感染者との直接、間接の接触感染、嘔吐物や
便を介した飛沫感染がある。

何といっても怖いのは、その感染力の強さだ。

スポンサードリンク

最大の予防法は「手洗いの励行」

では、このノロウイルス、ワクチンなどによる予防は
できるのだろうか。

残念ながらワクチンは開発中で、現時点での最大の予防策は
「手洗いの励行」と二枚貝を食べるときには85~90℃で中心部

まで90秒以上加熱調理するしかない。
外出先から帰ったときとトイレの後、食事の前は石けんをよく泡立て、

指の間や手首まで洗いよく水で流そう。
手洗いは同時期に流行するインフルエンザの予防としても有効
なのは言うまでもない

感染性胃腸炎になった場合は、インフルエンザのような
抗ウイルス薬はなく、何度も吐き続けるようなら吐き気止め薬を

使ったり、高熱なら解熱鎮痛剤を服用したりといった対症療法が
中心になる。

ただ、下痢止め薬は、ウイルスの体外への排出を妨げ回復を
遅らせるため飲まないほうがよいとされる。

一般的には症状がひどいのは1~2日でその後は食欲も回復するので、
大騒ぎする必要はないことがほとんどだが、嘔吐と下痢が

続いているときには、脱水にならないように注意しよう。
乳幼児や高齢者がかかったとき、それ以外の年齢の人でも
水分がとれないときには医療機関を受診したほうがよいだろう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者