遠藤宏治 貝印社長がカンブリア宮殿に!アメリカ海軍も御用達のナイフ製品開発の秘密とは?

131580

遠藤宏治 貝印社長がカンブリア宮殿に登場

「刃物のまち」岐阜県関市から世界へ羽ばたき、成功をおさめた貝印
世界で400万本を売る大ヒット包丁に、アメリカ海軍も御用達のナイフとは?

鎌倉時代からの刀鍛冶の伝統を持つ岐阜県関市。
ここを創業の地とする100年企業の貝印は、実はグローバル展開で

大成功を収めている刃物メーカーだ。
「ポケットナイフ」や「カミソリの替え刃」から出発した貝印だが、

今や世界で400万本を売る大ヒット包丁を生み出し、
アメリカ海軍も御用達のナイフを生産、世界79カ国で展開している。

社名の『貝印』の由来は、昔、貝が刃物として使われていたから

img_b8a8be5d424f80aceb742dcde8eca6c938858
大家族昭和31年、遠藤社長の満1歳の誕生日に集まった家族。
中心の小さな子供が宏治氏。その右後ろで腕を組んでいるのが、
父の二代目・遠藤斉治朗氏

会社は鎌倉時代から刃物の産地として栄えた岐阜県・関市の発祥
(現在、本社は東京・千代田区)。使い捨てカミソリでは国内45%という

シェア(金額ベース)を誇る。創業3代目の遠藤宏治社長(54歳)は
33歳で同社を継ぎ、世界的企業に成長させた人物だ。

遠藤社長はヒゲは小学校6年生の時に生えました。
実家の洗面所にあった弊社のカミソリを手にとり、鏡を見ながら、

恐る恐る頬にあてた時の気持ちは今も忘れませんとのこと
私は記憶が無いですね

スポンサードリンク

毛は男はチン00からで女の人は脇から生え始めると聞いてましたが?

遠藤社長は岐阜県の関市で育ち当時人口3万~4万人の小さな町だそうです
地元企業の子ということもあって、いつも大人たちに注目され、

父の友人からも「将来はリーダーになるんだぞ」と言われ続けていて。
小中学校でも、自然と生徒会長をやってたそうです

職人魂

子供だった時、弊社製品は世界での評価はまだ高くありませんでした。
そこで父の代では、金属を硬くする化学処理法の研究や、

刃先を研磨する機械の精度向上など、売り上げに直結しない
地道な努力をしていました。

研究所が自宅の裏にあるのどかな会社で、よく職人さんが父に
新商品を見せに来ていた。

熱中すると寝食を忘れるような職人さんばかりで、振り返ると、
彼らこそが日本の技術を支える匠だったんだなと思います。

貝印_1~1

学生時代

学生闘争の真っ只中、早稲田へ進学し、卒業後、米国のロヨラ大学へ
留学しました。

この時期に、人生で一番長い時間勉強しました。
感じたのは、日本人は全般的に、短時間でやりたいことを的確に

説明するプレゼンテーション能力が欠けているということ。
英語や経営学だけでなく、私はここを学べたのが大きかったみたいです。

社会人

帰国後「外メシを喰ってこい!」と、2年間コクヨさんのお世話になりました。ここでも周囲に「貝印を継ぐ」という話はせず、営業の第一線でデスクや

棚などを売りまくっていました
期末に何とか数字を作る技術や、「行ってきます!」と出かけて

喫茶店で甲子園のテレビ放映を見る技術など、いろいろ学びましたね。
それらのことはもちろん、役に立っています。

スポンサードリンク

いいリーダーはきっと、人間の清濁を併せ呑むものだと思っています。

家族

料理は嫌いではありませんが、妻に任せっきりですね。
妻との出会いですか? 学生時代、赤坂の『無限』というディスコで、

日本女子大の子と意気投合したんです
今は母と私の健康を考えて和食を作ってくれる、いいヨメですと
おのろけも!!!

好物は、いわゆる「おはか」です、何とどうやって食べるのですか?

オムライス、ハンバーグ、カレーライスの頭文字をとって
「おはか」ですね。近所の店では、日本橋の『島』のステーキが好きです。

面白い社長さんですね、この話術も営業マンの経験が生きているのです、
こんな社長なら皆んな付いて行きます

趣味は乱読で小説、ノンフィクション、ハウツーものなど、
気になる本を片っ端から読みます。

最近は『そうか、君は課長になったのか。』と『凹まない人の秘密』
がよかったと

貝印の戦略

’98年に「世界初の3枚刃」と銘打って、切れ味が鋭く顔の凹凸にフ
ィットするカミソリを発売し、大ヒット。

実はこれが、アメリカで学んだプレゼンテーション能力の成果なんです。
2枚刃が3枚刃になると、より剃れそうですよね。

実際によく剃れますが、このわかりやすさも大切なんです。
最近では包丁の「旬」というブランドが世界で評価され、

「刃物と言えばドイツのゾーリンゲン」という常識を覆すまでに
なっています。

img_085f7043f6d1228adeda003958dfb7a245782
包丁フランスの有名シェフ、ミシェル・ブラスと共同開発した包丁『Michel BRAS』の発表会。「一切の妥協を拒んだ切れ味」

商品も今ではハサミから医療用のメスまで1万数千点。
5年ほど前から白内障の手術が日帰りでできるようになりましたが、

これは弊社の超高精度なメスがあって実現されたものなんです。

ちなみにヒゲ剃りは、電気でもカミソリでも、一度ブランドを決
めてしまうと、皆さん、なかなか替えないもの。

だからこそ弊社はこれからも切れ味にこだわり、父親が買った
カミソリを息子が手にとり、親から子へ「カミソリは貝印」が

伝わるようにしていきたいんです。
そう、私が初めてカミソリを手にした、あの時のように―。

150_ks1850

アメリカ海軍特殊部隊SEALに正式採用されたカー ショウのナイフ
1974年にオレゴン州 レイクオスウィーゴで創業。
1978年に貝印株式会社が買収

1998年にデザイナーにケン オニオンを迎え、SpeedSafeを搭載した

1510モデル、2001年には1600BLKがブレードマガジンのアメリカンメイド・ナイフオブジイヤーを受賞しました。

その後も数々の賞を受賞、幅広いバリエーションと完成度の高い
クォリティーをもちアメリカ海軍特殊部隊SEALに正式採用されました。

img_436c349089cd20c2c1dfaddcb967bf8c73362

遠藤宏治(えんどう・こうじ)プロフィール

55年、岐阜県関市生まれ。

早稲田大学政治経済学部を卒業後、米国留学などを経て’

80年に三和刃物(現・貝印)に入社。

’89年9月に貝印グループの社長に就任。

’08年には創業100周年を迎え、企業メッセージ「さわやかな、
あじわいのある日々を、お客さまとともに」を掲げた

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者