中澤大祐 すしシェフが情熱大陸に!プロフィールや出身校をチェック!

img_0

中澤大祐さん すしシェフが情熱大陸に登場

中澤大祐 すしシェフ 昨年8月、ニューヨークのマンハッタン区に「Sushi Nakazawa」をオープンし、その年にニューヨークタイムズの

「2013年度 ニューヨーク ベストレストラン」に選ばれ注目を集める。

あまり器用なほうではなく、修行の仕上げに課せられた卵焼きが
なかなかうまく焼けず、何百枚も失敗した後やっとの思いで
成功させた時は大粒の涙を流したという。

ptaste20_01

中澤大祐さんのプロフィール

名前:中澤大祐(なかざわ だいすけ)

誕生:1978年 36歳

出身地:埼玉県

家族:妻、子供4人

高校:西武台高等学校

出身校:織田調理師専門学校

すし職人になったきっかけとは?

中澤さんが寿司職人を志したのは、中学時代からの親友が高校を中退して寿司屋に弟子入りしたのがきっかけ。

「その友達がとても輝いて仕事をしているように見えたので、自分も寿司職人になって、将来一緒にやろうと決心しました。」

高校を卒業してから調理師専門学校で学び、埼玉県蕨市にある
『よし寿司』 に就職して「修行とは何かということを知るが、

「サラリーマンも経験してみよう」と、 IT 企業の営業職に転職する。

しかし、想像以上に過酷な仕事であることを身をもって体験し、
約1年後に退職。

スポンサードリンク

結婚を控えていたことから、築地市場でマグロを運搬する仕事で
結婚資金を稼ぎ、 3ヵ月後に挙式と新婚旅行を終えて

帰宅したところで何気なしに 手に取った体を使う仕事向けの
就職情報誌で 『すきやばし次郎』 が職人を募集している
ことを知った。

003

「すきやばし次郎」というお店はオバマ首相が来日したとき安倍総理がお食事に連れて行ったところです

ミシュラン三ツ星の寿司屋すきやばし次郎の経営者で世界最高の
寿司職人とも言われる小野二郎さんのところです

『すきやばし次郎』 に勤めるようになってから11年が過ぎた
2011年、「そろそろ独立を」と考えていた矢先に東日本大震災が発生。

その後の日本政府の対応に失望し、また、30~40年先の日本は
市場として厳しいのではと考えるようになっていたことから、

外に目を向けた。
その第一歩として寿司職人を日本国外に送り出すエージェントに

登録したところ、「シアトルの寿司屋で一番有名なところが職人を
募集している」との知らせが入る。

「”それは(加柴)司郎さんのところですか?” と聞きました。
『すきやばし次郎』 の二郎さんと 『Shiro’s』 の司郎さんは昔、

スポンサードリンク

京橋の 『与志乃』 で一緒に働いていたことがあり、司郎さんは
日本に来られるたびに 『すきやばし次郎』 に来てくださっていたの

で、次に来られたらアメリカで働くことについて相談してみたいと
思っていました。」

そんなふうに浮上した米国移住の可能性について夫婦で話し
合った際、「アメリカならもっと家族の時間が持てる」

というのが大切な説得材料になった。
中澤さんには4人の子供がいるが、それまでは休日返上も当たり

前という勤務体制だったため親子で過ごす時間が確保できると
いうのは家族全員にとって大きな魅力となったのである。

img_4

そして、交渉や手続きを終えて渡米したのは昨年4月。
Shiro’s で初めて寿司を握った日について、お客さんが楽しんでいる

ことに気づいたと振り返る。
「『すきやばし次郎』 の場合は、お客さんを楽しませるというより、

お客さんに寿司を食べてもらう、つまり “俺の寿司はどうだ”
という感じで、お客さんがくつろいで食べるとか、

楽しんで食べるといった感じではなかったと思います。
でも、当店では、お客さんにどうやって楽しんでもらうかが先。

また、ここでは寿司について教えることが大切なのだと知りました。
司郎さんとお客さんとのやり取りも面白く、勉強になることが
多いです。

今は笑顔でお客さんとやり取りをする中澤さんも、最初の3ヶ月は
英語に苦労した。

「お客さんの顔を見ることもできませんでしたよ。
でも、コミュニティ・カレッジの英語のクラスを取り、”

なんとかなるな” と思うと、急に自信がつきました。」

オーナーシェフの加柴司郎さんが昨年著書を出版したことも重なって、開店前からできる行列が、時には店の周りをぐるりと囲み、その大部分

が寿司カウンターを希望する。
記念写真の撮影を求められることも1週間に何度かあり、

「噂を聞いて来た」と州外から来る人もいれば、「『Jiro Dreams of Sushi』 を観ていたら寿司が食べたくなって」と言て来る近所の人もいる。

想像以上の反響に驚かされる日々だという。

l

nakazawa-1st-pic

中澤大祐さんの将来は?

今後の目標を伺ってみると、「シアトルには豊富な食材がありますね。ウィッビー・アイランドの本ミル貝やトリガイなど、今は流通していな

いけれど良いものを発掘できるようにしていきたいです」という
答えが返ってきたが、その後、笑いながら、

「いろいろなところで言っているのですが、アメリカで No.1 の
寿司シェフになるために来ました」と付け加えた。

「言わなくては、なることはない。
このように言うことで、自分にプレッシャーをかけています。
それを目指してがんばります。」

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者