「味の素」の社長に 西井孝明氏 が内定!昇進7人抜きのナゾ?

味の素は3月6日、社長交代を発表した。

6月下旬に開催する株主総会後の

取締役会での正式決定を経て、

西井孝明取締役が社長に就任する。

伊藤雅俊社長は、代表権のある会長に就く。

 

img_news

西井 孝明(にしいたかあき) 社長プロフィール

生年月日:1959年12月27日 55歳

学歴 同志社大学文学部社会学科卒

1982年4月:味の素入社

2004年6月:味の素冷凍食品 取締役 家庭用事業部長

2009年7月:人事部長

2011年6月:執行役員 人事部長

2013年5月:ブラジル味の素社 社長

2013年6月:取締役 常務執行役員(現任)
ラテンアメリカ本部長(現任)

スポンサーリンク
/ /

株価への影響は?

6日、味の素の株価は前日比7.31%と大きく

値上がりした。

 

社長交代の発表が、株価に影響したのだろうか?

6日の味の素株の動きを見てみる。

味の素株は始値の2395円から上昇を続け、
12時33分には2576.5円の高値となった。

 

西井孝明氏の社長就任が発表された
午後1時以降は大きな動きは見られず、

 

午後3時の株価は2548円だった。

 

午前中に株価が値上がりした要因としては、
味の素によるAGFの買収への評価があると
みられている。

 

社長交代については、
投資家たちはまだ
静観の姿勢のようだ。

スポンサーリンク
/ /

 

無題

西井孝明氏が昇格 のナゾ?

任期満了に伴う6年ぶりの社長交代で、

経営の若返りを図るのがねらい。

 

伊藤雅俊社長は社長交代の理由について
「09年の社長就任後、2度の中期経営計画を
つくり実行してきた。

 

一区切りがついた」と説明。

 

社長交代を機に新たな時代に合わせた
会社をつくってほしいとの考えも示した。

 

伊藤氏は、西井氏について「国内販売や人事、
海外事業などの経験を積んでおり、様々な状況
で改革出来る

 

 

味の素~1

全体的なグローバル戦略

今後味の素がローカルカンパニーに
なるためには、「本社機能を強化し、

 

全体的なグローバル戦略の元で、
本社とローカルが一体となって動くこと。

 

そしてその後、ローカル軸を再度重視することで、
真のグローバルカンパニーに成ることができる」と語っていた

 

グローバル化とは、国内の経済や
国民生活が国家の枠をこえて世界の動きに
直結することです。

 

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者