綾小路きみまろマツコと初共演!息子は東大卒循環器内科医師!

マツコと初共演! 漫談家 綾小路きみまろさんが登場!

「マツコの知らない漫談の世界」を紹介

1回1000人以上のお客さんを虜にする
マル秘テクニック

 

年間100公演以上営業先での
決まり事&秘密の七つ道具を大公開

 

マツコに鉄板ネタを指南
マツコが漫談に初めて挑戦
「綾小路マツまろ」 誕生!?

 

 

150102_1

綾小路 きみまろ(あやのこうじ きみまろ)さんプロフィール

本名、假屋 美尋(かりや よしひろ)

生年月日 1950年12月9日

出身地 鹿児島県曽於郡松山町
(現・鹿児島県志布志市)

出身校 鹿児島県立末吉高等学校

拓殖大学商学部卒業

血液型 O型

身長 165 cm

活動時期 1979年 –

5代目鈴々舎馬風門下生、

落語協会会員、

日本司会芸能協会理事

趣味 農作業、草むしり、ジョギング、
骨董品の収集

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を保有。

家族構成 母、5歳違いの弟、妻、子供3人

山梨県南都留郡富士河口湖町に別荘「きみまろ亭」を持つ。

別荘ではあるが、自身の自宅である

スポンサードリンク

現在の妻とは2005年に再婚して、
綾小路きみまろさんを支えていらっしゃいますね。

 

綾小路きみまろさんには3人の子供さんが
いますが、長女と長男は現在の妻の連れ子です。

 

関係者によりますと、お互いにバツイチ
だったこともあり、籍は入れずに

 

暮らしていましたが、夫人の連れ子の
長男が事務所の新社長に就任したことから、

 

20年以上も支え続けたくれた妻に対して、
ケジメをつけた形になりました

 

綾小路きみまろさんの年収は?

 

綾小路きみまろさんは2002~2003年に
TV出演をきっかけに一気に知名度をあげ、

 

団塊の世代を中心に大人気になりました。

 

その活躍もあり2004年の
長者番付高額納税者では

 

山梨県2位となったそうです。
所得の40%で1億3000万円を
収めたということは、

 

2億8000万~3億円の所得と考えられます。

 

その収入があったからか銀座7丁目の
「ビアホールライオン」の近くにある

 

5階建てのビルを推定10億円のビルを
購入しました

 

4階と5階がきみまろさんの事務所
「TYプランニング」と

スポンサードリンク

 

「TYクリエーション」という
会社が入っているそうです。

 

ちなみに1階は宝石店、2階はベビー服、
3階には喫茶店の「まろカフェ」が
入っているそうです。

 

「まろカフェ」はきみまろさんが
プロデュースされているそうですよ

 

カフェが2店舗あるのにはビックリしましたね。

 

 

2店舗も構えるなんてきみまろさんの年収は
やはりすごいといことがわかりますね。

 

しかし最近ではTV出演も控えているようで、
年収も以前みたいに多くはないのかな??

 

きみまろさんがTV出演を控えている理由は?

 

きみまろさんが自由に芸を披露出来る
公演や営業を中心に活動している
ということです。

 

たしかに、TV出演をすると発言などにも
規制が多いと思いますよ

 

舞台ですと自分で好きな企画でできますから
それとお客さんの反応が直に伝わる

それを基本にしているかも?

 

0123

綾小路きみまろさんの息子さんはどこの病院で働いている?

 

綾小路きみまろの息子さんは
絵にかいたような
エリートコースをひた走っています。

 

灘高校を卒業して、
現役で東京大学・理Ⅲに入ります。

 

その後、医学部で学び
東大の附属病院で研修医になり。

 

2010年からは
東京都健康長寿医療センターで
循環器内科の医師として
活躍しているそうです。

 

綾小路きみまろが息子さんのことを
話さない理由

 

親というのは子供の雄姿や
実績を自慢したくなるものですが
こんな素晴らしい息子さんがいながら

 

綾小路きみまろはそれをしていません。

なぜでしょうか?

 

実は綾小路きみまろとは
血はつながっていますが

 

離婚した元奥さんが引き取って
育ててこられたので

 

あまり自慢する資格がないからです。

教育方針を考えたり
苦労を共にしてきたのは
間違いなく離婚した奥さんの方なので

 

綾小路きみまろさんが
息子さんにしてきた援助は
金銭面のみだそうです。

 

ちなみに、綾小路きみまろには
3人のお子さんがいて
医師になった息子さんは次男です

 

先ほどの長男と長女はいしょに
暮らしていますが

 

本人しか分からないことも
いっぱいあるでしょうね。

 

あれから40年昔は可愛かった
今は・・・・その先は言えません

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者