大藤剛宏 肺移植医師!プロフィールと略歴!家族と?魔法の手とは!

大藤剛宏 肺移植医師が大藤剛宏 肺移植医師に登場

岡山大学病院が今月4日、
生体肺移植と脳死肺移植を同時に行う

 

“ハイブリッド肺移植”手術に世界で
初めて成功した。

 

重い肺の病気をもつ59歳の男性患者に対し、
片肺を息子から、

 

もう片肺を脳死ドナーから移植するという
前代未聞の挑戦。

 

この手術を執刀した同病院の大藤剛宏と、
彼を支える移植チームの独占密着

スポンサーリンク
/ /

 

肺移植では、ドナーと患者の適応基準が
厳しいなど、せっかくの善意が無駄になる
ケースが少なくない。

 

様々な制約の中で、大藤は「与えられた
肺を最大限生かす」ことを信条に、

 

これまで革新的な手術を成功させてきた。
その彼が、患者を救うためには必要と決断し、

 

約10時間を要した今回の
世界初“ハイブリッド肺移植”の現場は
どのようなものだったのか。

生体ドナーの息子から肺を摘出するタイミング、

脳死ドナーからの肺が届くタイミング、

 

麻酔の管理など、綿密かつ臨機応変な対応
求められる。

 

それぞれを担当する医師や看護師、
移植コーディネーターたちのチームワーク
なくして成功は有り得ない。

 

「命を救う」、その一点に向かって走る、
チーム大藤の情熱に迫る。

 

c2011110910293634_1

大藤剛宏(おおとう たかひろ)先生プロフィール
と略歴

生誕 1967年4月18日(47歳)

広島県・竹原市生まれ

英数学館中学校 卒業

広島加計学園英数学館高等学校 卒業

岡山大学医学部医学科を卒業

2002年からオーストラリア

モナシュ大学アルフレッド病院心肺移植センターで5年間研鑽をつむ

5年間で200例の症例を経験、
初診から手術、術後の免疫抑制や内科診療、

スポンサーリンク
/ /

さらには退院後のフォローに至るまで、
全てのノウハウを習得した。

帰国後、日本では臓器提供が少なく、
助かるはずの命が助かっていない現状に直面。

移植によってもう一度素晴らしい人生を取り戻して

欲しいという思いを胸に、日々奮闘している。

家族は?

大藤剛宏先生の結婚などについて
調べてみましたが、現在は奥様と

 

お嬢様がお二人いてるようです。

なお、名前年齢ははふめいです

 

hqdefault

大藤先生の魔法の手とは

2013年国内最年少患者(3歳)への
生体中葉移植を世界で初めて成功

 

藤剛宏先生は諸外国では当たり前に
受けられる肺移植のようですが、

 

日本では臓器提供の少ないようです。
そのため、苦しんでおられる方達が多く

 

大藤剛宏先生は様々なアイデアをもって
新しい移植手術に挑戦し続けた結果

 

2013年国内最年少患者(3歳)への
生体中葉移植を世界で初めて成功させたことが
高く評価されているようですね。

 

c2011121910360616_2

呼吸科のご病気で気になる方

大藤剛宏先生は現在は、岡山大学病院の
呼吸科外科の准教授として診察や治療

 

手術などに従事されているようです。
気になる方は、あらかじめお問い合わせを
してから来院してくださいね。

 

岡山大学病院 呼吸科はコチラから

http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/no2geka.html

移植手術は保険が効きの??

加入している保険や障害者手帳や
その他、色々な状況によって異なりますが

 

おおよそ200万円前後必要になるようですが
医療還付金等で戻っても来ますから

 

各病院の相談窓口に行って相談するのが
一番です

 

大きい病院はどこもありますから
相談したした方が良いですよ。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者