【注意】胃腸の「熱中症」 虚血性腸炎 にも要注意

75e9662a8e113c5832cc91754a977834

梅雨が明けてから連日、猛暑が続いている。

熱中症対策が盛んにアナウンスされているが、「胃腸」にも注意が必要だ。

大量の汗をかく夏は、脱水傾向が強くなる。

熱中症の原因にもなるが、胃腸にもダメージを与える。

実際、暑くなってくると「虚血性腸炎」の患者が増えるという。

脱水状態になると、血液の量が減って血の巡りが悪くなり、

胃腸への血流も減る。

腹部を流れている上腸間膜動脈と下腸間膜動脈が分岐している

箇所はもともと血の巡りが悪く、脱水によってさらに血流が悪化すると、

スポンサードリンク

そこに位置する下行結腸からS状結腸にかけての部位に炎症を起こしたり、

潰瘍ができてしまう。これが、虚血性腸炎だ。

スポンサードリンク

夏の夜は、想像以上に汗をかいて知らないうちに脱水状態になっている

人が多い。

睡眠中の発汗量は200ミリリットルを超えることもある。

寝る前にしっかり水分を補給して、予防したい。

夏になると増える胃腸障害は他にもある。

代表的なものは、胃酸が薄まることによって起こる「消化不良」と、

自律神経の働きが狂って起こる「食欲不振」だ。

暑いからといって冷たい飲み物をがぶ飲みしていると、

胃酸がどんどん薄まって消化吸収がしづらくなり、

胃への負担が増大する。

冷房で体を冷やしすぎたり、冷えた室内と暑い室外との出入りを

繰り返していると、自律神経の働きが狂ってしまう。

自律神経は胃の動きにも関わっていて、胃の蠕動運動も低下する。

消化に時間がかかって胃もたれや胸やけを起こしやすくなり、

食欲も低下してしまう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者