富山市日枝神社山王祭!日程と行事やアクセス!駐車場と穴場は?

山王祭は各地にあるみたいですが、東京日枝神社
山王祭(天下祭)、比叡山 日吉神社などあります

 

2015年新幹線も金沢までとうりました
そこで、富山県が身近になったことで
山王祭の知名度も上がりそうですね

 

富山の山王祭は、1690年に富山藩主「前田 正甫」
(まえだ まさとし)が日枝神社に神輿2基を寄進したこと

 

により城下の氏子町を巡行する慣わしとなり
祭礼が始まったとされ、富山城下を上げての

 

総土産(うぶすな)祭りとして栄え賑わってきた。

スポンサーリンク
/ /

現在でも山王祭は【さんのさん】の愛称で富山市民
に親しまれております

 

富山最大のお祭です
祭りの祭儀や時間等などを紹介したいと思います。

 

60224-1

山王祭の日時と行事は?

富山市にある日枝神社及び神社周辺にて

5月31日から6月2日に行われます。

 

毎年3日間で40万人とも50万人とも言われる
人出で賑わいます。

 

2015年は北陸新幹線開通で富山にも
行きやすくなったのでさらに多くの人出で
賑わいそうですね。

 

山王祭富山の祭儀の時間

山王祭の祭儀の開催時間は以下のようになっています。

 

【5月30日】

・午後5時~宵祭(本社、末社、三末社)

【5月31日】

・午前7時30分~獅子舞出社(西側)
・午前7時45分~神輿発輿式(西側)
・午後7時30分頃~神輿獅子舞還幸祭

【6月1日】

・午前7時~山王講春季大祭式、並びに神輿発輿式
・午前7時30分~獅子舞出社(東側)
・午後3時30分~山王氏子御輿巡行祭
・午後7時30分~神輿獅子舞還幸祭

【6月2日】

・午前8時30分~あらか神社春祭に引き続き、三末社春祭
・午前10時~春季例大祭式並びに、表彰式・感謝状贈呈式
・午後2時~献華式(池坊富山支部)
・午後9時~大祭成就祭(本社・末社・三末社)

・5月31日と6月1日には特別奉納行事と演奏奉納も行われます。
午後6時から奉納演奏
午後7時からと8時からの二回特別奉納行事

 

 

富山の山王祭は露店の数が超スゴイ?

 

00314_02

スポンサーリンク
/ /

なんと山王祭は日枝神社の境内や周辺の道路などに
縁日の露天が600店から700店出て賑わいます。

 

露店の営業時間は、

・5月31日 午後3時から午後10時
・6月1日 午前9時から午後10時
・6月2日 午前9時から午後9時

と夜遅くまで楽しめるのが嬉しいですね

 

穴場情報は?

山王祭の期間中には「とやま山王市」という
イベントも開催されています。

 

グランドプラザ周辺にてライブやイベントの開催、
飲食ブースの出店も多数あり、

 

山王祭の露店にはない楽しみがありそうですね。
男御輿や女御輿が繁華街を練り回るのも見て下さい

 

101804-1

アクセスと駐車場は?

富山駅から日枝神社まで徒歩では40分ほど
かかりますので

 

市電(ライトレール)に乗ったほうがいいです
西町で下車すると、徒歩5分で日枝神社です

 

飛行機をご利用の場合

東京(羽田空港) (約1時間)全日空

札幌(千歳空港) (約1時間30分)AIR DO

http://www.toyama-airport.co.jp/

鉄道をご利用の場合

http://www.westjr.co.jp/

 

 

自動車をご利用の場合

東京(練馬IC)

(約4時間50分)練馬IC→<関越自動車道>→藤岡JCT→<上信越自動車道>→上越JCT→<北陸自動車道

 

名古屋(一宮IC)

(約3時間)一宮IC→<名神高速道路>→一宮JCT→<東海北陸自動車道>→小矢部砺波JCT→<北陸自動車道>

 

大阪(豊中IC)

(約4時間)豊中IC→<名神高速道路>→米原JCT→<北陸自動車道>

http://www.c-nexco.co.jp/

◎富山インターからは、約10分で市内に入ります

祭り期間の中心部は満車で、駐車場を探すのが
大変です

 

まして、神社周辺は無理です

 

駐車場穴場は?

移動に便利な駐車場は

【富山市営城址公園駐車場】で

駐車台数は124台と比較的多くまた、24時間営業
ですので時間をきにしなくても安心ですよ。

 

まとめ

神社の通り沿いには恐ろしいほどのゴミが山の様に
積まれています。

 

そのゴミは翌日、地元の子供達がボランティアで
片付けるんだよ。

皆さんもポイ捨ては辞めましょう、大人のマナーです
お願い致します

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者