広島スーパー「エブリイ」社長 岡崎雅廣プロフィール!ガイヤの夜明けに!

エブリイ社長 岡崎雅廣氏ガイヤの夜明けに登場

1年前の消費税増税に加え、進行する円安の影響で
商品価格の見直しを迫られ、
スーパーが苦戦を強いられている。

 

そんな中、地方の中堅スーパーでありながら、
好業績を上げている企業がある。

 

広島を中心に31店舗を展開するスーパー
「エブリイ」は、開店30分前から行列が
できるほどの人気店。

スポンサードリンク

安くて新鮮な商品を武器に、14年連続で売り上げ
アップを達成している。

 

往来の概念とは真逆の発想に基づいた
スーパーマーケットづくりを目指す

 

株式会社エブリイ鮮度一番という
コンセプト実現の為に賢人が行う
取組みとは?

 

働く環境づくりに注力する賢人の社員に懸ける想いは必見。

 

その秘密は“類人猿セミナー”という独自の人材教育にあった。

 

 

 

169138

エブリイ社長 岡崎雅廣 プロフィール

生年月日1949年12月06日

出身地 岡山県 岡山市

出身大学 関西学院大学

趣味 読書、ゴルフ
休日の過ごし方繁盛店めぐり

スポーツ 陸上、野球、ゴルフ、

好きな言葉 日々新たなり、天地自然の理

スポンサードリンク

 

7237

地域に密着店ごとにまったく違う品揃え?

一般的なチェーン型の食品スーパーでは本部バイヤーによる一括仕入れが中心となっているが、

エブリイでは生鮮食品の売場責任者が直接市場に
出掛けていき、毎日自分で買い付けを行っている。

 

仕入れた本人が値段を付け、売り方を考え、
POPを作成する

 

その日のイチオシ商品や目玉商品も自分が仕入れて

自分が売り込むからこそ説得力がある。

 

惣菜の味も地域の好みに合わせて変える
朝方と夕方では売り込み商品の加工度も変える

 

鮮魚なら朝は1匹売り、昼から夕方にかけては2枚
3枚へおろして、切り身から刺身へと時間帯
ニーズに合わせて売り場を変えていく

 

雑貨売り場は20分の1にも満たない。
不得意なものを捨てる。

 

人を育て、人を活かす経営で他社との差別化を図る

食品スーパーの経験がない人材でも優秀とあれば店長に抜擢される。

最後に

エブリイの好業績は、岡崎社長が願う
社員一人ひとりの高い人間性に支えられている
とのことです。

大手とは異なる戦略、地域密着型、店を店長
任せる戦略

そのため従業員やパートさんの退職も少ない
そうです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者