お盆の迎え火の日にちはいつ頃?迎え火に込められた意味は何?

お盆とはご先祖さんを家にお迎えして供養をする

しかし地域に寄っては行事や風習で違うと思います

お盆休み田舎に帰ってご先祖さんの供養をして
あげましょう。

お盆の日にちや、迎え火に付いて調べて見ました

スポンサードリンク

日にちは大きく2つある?

日にちについてですが、大きく分けて

  • 7月13~16日に行う
  • 8月13~16日に行う

とありますが全国的には、8月になってますが

東京の一部では7月に行こなう地域あります。

 

例外もあって、沖縄なんかでは今でも、

旧暦の7月13日~16日

に行われています。

お盆の~1

一般的なお盆の期間はいつ?

お盆の期間は、

8月13日~8月16日までの4日間。

この時期のお盆は

月遅れのお盆といい、現在では旧盆と呼んでいます。

 

迎え火はいつやるの?

8月13日の夕方

ナゼ?と思いますが、亡くなった霊は暗くなってから
動くと言われています。

 

時間的には、少し薄暗くなってきた頃に
火を灯してあげて、

スポンサードリンク

 

ご先祖さんに「あなたのお家はここですよ」
と目印を作ってあげているんです。

 

昔から迎え火には苧殻(おがら)を
玄関先で焚いて
ご先祖様の霊を迎えます。

焙烙(ほうろく)の皿の上に苧殻を互い違いに
積み重ねマッチで火を付けます。

 

焙烙(ほうろく)は、素焼きの土鍋の一種で、
お盆時期には、苧殻と共にスーパー・仏壇屋さん
等で売っています。

 

*苧殻(おがら)とは?

アサの皮を剥ぎとったあとの茎を乾燥したもの

 

地方によっては玄関に、迎え火の代わりとして
盆提灯を下げるところもあるようです。

 

送り火はいつやるの?

16日の夕方に行うのが一般的です。

15日にやる所もけっこうあるみたいです。

15日がお盆の最終日なので

  •  お盆が終わる前に送り出すか
  • お盆が開けてから送り出すか

の違いだけです。

 

送り火はご先祖さまが、元の場所に帰れるように、
という意味が込められているんです。

 

送り火に真心を込めて、ご先祖さまを「あの世」
へ送り、また来年に再会できるように願います。

最後に

調べましたら地域に寄っては、違いがありますが

一般的なお盆で書いています。

新婚さんでご主人の実家はどの様にされてるか

奥さんは心配かも?

事前にご主人に聞いて見るのも良いですよ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者