敬老の日はいつ?その由来と敬老の日は何歳から?

ご長寿のお祝いですね。

  • 一緒に暮らしてるおじいちゃん、おばあちゃん。
  • ちょっと離れているおじいちゃん、おばあちゃん。
  • 遠くに離れてるおじいちゃん、おばあちゃん。

一年に一度の長寿のお祝いですから、いっぱい

お祝いしてあげてくださいね。

 

今回は敬老の日はいつから始まったのか、現在の

敬老とは何歳から?敬老の日はいつ?

で調べてみました、

sep03_a09

敬老の日はいつ?

敬老の日は【9月の第3月曜日】と決められております。

しかし、いつから敬老の日という祝日は生まれた
のでしょうか?

 

そして、9月の第3月曜日は敬老の日と決まったのは
いつから?

スポンサーリンク
/ /

■敬老の日はなぜ9月の第3月曜日なの?

それは、兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と

山本明助役が1947年(昭和22年)9月15日を

「としよりの日」とし、敬老会を開いたのが
始まりとされています。

 

9月15日を「としよりの日」にした理由として

593年の9月15日に聖徳太子が大阪の四天王寺

に身寄りのない老人を救う為の施設である「非田院
(ひでんいん)」

を設立した日、もしくは元正(げんしょう)天皇が
717年

スポンサーリンク
/ /

年号を養老(ようろう)とし、高齢者に贈り物をした日にちなんで

9月15日を「としよりの日」にしたと言われています。

その後、この活動は1950年には兵庫県全体に広がり、後に全国に広がりました。

その後、「としより」という表現が、良くないとの事から1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称されました。

その後、政府に対して働きかけ1965年に国民の祝日
「敬老の日(9月15日)」が制定されました。

まとめると

1951年「としよりの日」

1963年「老人の日」

1965年「敬老の日」

名称が変わった訳です

 

元は9月15日が敬老の日でしたが、
2003年にハッピーマンデー制度が

 

出来それから「9月第3月曜日」と
変わったわけです。

 

■敬老の日及び老人クラブは何歳から?

65歳以上の人のことを高齢者としており、
敬老の日を祝うのは65歳以上のご高齢者
という事になりますね。

 

現在は65歳となってますが、定年の延長
がドンドン進んで来ています。

 

周りの方で65歳で隠居してますか、
まだまだ元気に働いている方が多いです。

 

特に自営業、漁業、農家だと、80歳くらいでも
元気に仕事してますからね。

 

逆に失礼の様な気がします。

 

最後に

今回調べてはじめて知ったことが多かったです

今までは「敬老の日」「お祝い」で来てましたが

歴史があったのです、年配の方は小さい子供さんの

頃60歳と言えば、本当に「としより」に見え

ましたよね。

今の60歳は見えないですよね、まあ~隠居も

出来ない時代なのかも??

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者