夏休み自由研究の小学生向け超簡単5分で出来るバター作り

夏休みの宿題で悩むのが、自由研究があります。

毎年何をしようか悩んでいる内に、時間が無い
さて困った、PCで調べようこれも大変、あれも
大変

 

じゃ~ん材料をそろえたら、5分で完成の「超時短」
バター作りがあります。

 

これなら間に合いますし、皆さんで美味しく
試食タイム、いかがですか。

スポンサードリンク

え~料理が苦手だから、低学年でも出来ちゃうし
5分ですよ。

 

お子さんと一緒にやってみましょう
今回はその手順と、子どもが手伝えるポイントを
ご紹介しますね。

 

材料をそろえたら、5分で完成の「超時短」

バター作りに必要なものって何でしょうか?

1

2
写真:(Woman.exciteママ)

下記の4つ

新たに買ってきたのは、生クリームだけです。

<手作りバターの材料は>

生クリーム(無添加) 200ml(乳脂肪分47%)

手に入らなければ

使用した生クリームは乳脂肪分47%とかなり高めですが、

35%以上であればほぼ成功します。

 

塩 大さじ3分の1

洗ってキレイにした空のペットボトル(500ml用)

1本キッチンバサミ のみ。

 

<作り方は>

じゃ行きますよ

ペットボトルに生クリームと塩をいれ、
激しく上下に振る。

これだけです。

3
写真:(Woman.exciteママ)

 

「ふりふり」作業

1分ほど続けていると中身の手応えが
変わってきます。

 

「おっと なんか軽くなった?」と
思った瞬間には、すでに液体と個体に分離しており、

これでもう出来上がりです。

 

保存期間は2~3日を目安にして下さい

スポンサードリンク

ボトルに残った液体は「バターミルク」
呼ばれるもので、

 

パンケーキやクッキー、スコーンなどに活用されることが多いです。

 

4
写真:(Woman.exciteママ)

 

※牛乳代わりに使うとコクが増して、おいしくなります。

5
写真:(Woman.exciteママ)

「バターミルク」はコップにとっておき、
ペットボトルをハサミで切り開いて固形となった
バターを取り出します。

 

5分とかからずできてしまった自家製バターですが、

とてもふんわりとした軽い食感で、優しい味に仕上がりました!

どうですか?

 

やわらかいので、作ってすぐパンにつけて
食べたい時にも便利ですね。

 

20150713-00000001-wexmama-005-1-view

写真:(Woman.exciteママ)

バター特有のクセはまったくなく、
食パンや菓子パンでも良いですよ。

 

あまり簡単すぎて、すみません。
貴重な体験を親子で楽しむ時間ができました。

 

■今回の方法で作ったバターは保存が効かないため、

冷蔵したら2~3日で早めに食べ切るようにして下さいね。

【要注意】

低価格な生クリームは、乳脂肪分の数値が低く
失敗する可能性がありますので

 

多少値段が高くても、乳脂肪分が高いものを
購入したほうが良いですよ。

 

そして、乳化剤が入っている生クリームでは、
バターはできません。

 

必ず無添加のものを購入しましょう。

最後に

バターを手作りした時は、パンにもちょっと高級な物でいつもとは

ひと味ちがう朝食が楽しめますよ。

 

自由研究だけでなく、お休みの日とか家族で
シャカシャカしてみませんか。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者