秋のお彼岸 2017年いつから?おはぎの由来といつ食べるの?

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と良く言われまますね。

お彼岸とは毎年

■「春分の日」

■「秋分の日」

を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。

スポンサーリンク
/ /

お彼岸に入る日のことを

「彼岸入り・彼岸の入り」

お彼岸が終わる日のことを

「彼岸明け・彼岸の明け」

といいます。

お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付で
決まっているわけではないのです。

ですから毎年違うんですよ

 

「春分の日」と「秋分の日」は国立天文台が作成
する「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」に
基いて閣議によって決められます。

毎年2月1日付で翌年の該当日が発表されます。

 

2469

2017年のお彼岸はいつから?いつまで?

■春彼岸は

彼岸の入り 3月17日(金)

中 日   3月20日(月)

彼岸の明け 3月23日(木)

■秋彼岸は

彼岸の入り 9月20日(水)

スポンサーリンク
/ /

中 日   9月23日(土)

彼岸の明け 9月26日(火)

 

おはぎの由来といつ食べる?

萩の季節ある秋のお彼岸に供える「おはぎ」は
小豆の粒を秋の季節にさく萩の花に見立てています。

 

小豆は秋に収穫されるので、採れたてのものが
使用できるので皮ごと使える「つぶあん」にされました。

 

おはぎはいつ食べるの?

地域で違いがありますが、

お彼岸の入りには仏壇にお団子を供えます

お彼岸の中日におはぎを供えます

※7日間毎日はお供えはしません
1度お供えすれば良いです。

おはぎはいつ食べるの

お彼岸の中日である秋分の日におはぎを
食べることが最もご先祖様への供養とされます。

 

基本的にお彼岸のおはぎは、お彼岸の期間内であれば、

いつ食べても構いません。

 

お彼岸におはぎを食べる理由ですが、
いろんな説があります。

  • 小豆は古くから邪気を払う効果がある
  • 甘いものは貴重だった時代に先祖におはぎを供えた
  • 米とあんこの二つのものを「合わせる」ので、
    ご先祖様と「心」と「心」を合わせるという意味

という説があります。

最後に

お盆が過ぎてすぐお彼岸ですので、大変ですね

最近は田舎でもお墓にお供えしたものは

拝んだら片付け無ければいけません、全く

味気ない時代になってます、環境問題ですから

しょうがありませんが。

この様に日本の文化の変わって行くと思います。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者