2017今年の十五夜はいつ?中秋の名月でも満月ではないのは?ナゼ?

十五夜とは

旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月」といいます。

 

「中秋の名月」とは、「十五夜(満月の意味)」とも
呼ばれます.

 

“秋の真ん中に出る満月”の意味で、旧暦では

  • 1月~3月を春、
  • 4月~6月を夏、
  • 7月~9月を秋、
  • 10月~12月を冬と

していたことから、8月は秋のちょうど真中であり、
8月15日の夜に出る満月ということで、
そう呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

現在用いられている新暦では1ヵ月程度の
ズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に
訪れる満月の日を十五夜・中秋の名月と呼んでいます。

 

 

649f7f8c

今年の中秋の名月はいつ?

 

2017年(平成29年):10月4日

2018年(平成30年):9月24日

2019年(平成31年):9月13日

2020年(平成32年):10月1日

 

名月でも満月ではないのは?

「十五夜」なのに満月ではないということです。
これはどういうことでしょう。

 

ある日付が「満月の日」と言う場合は、その日のうちに
「月が満月、つまり地球から見てちょうど

太陽の反対方向を通る瞬間を迎える」ことを意味します。

 

「新月の日」も、「月がちょうど太陽と同じ方向を
通る瞬間」を含む日です。

 

さて、「ちょうど新月」から「ちょうど新月」までは、
約29.5日。

スポンサードリンク

 

「ちょうど新月」から「ちょうど満月」まではそ
の半分で、平均して約14.8日ということになります。

 

「ちょうど新月」の瞬間を含む日が「一日」ですから、
その時刻が午後11時のように遅い時間だと

 

「ちょうど満月」の瞬間まで14.8日だとしても、
それは「十六日」になってしまいます。

 

その上、月の軌道が楕円であることなど、さまざまな
理由で「新月から満月」と「満月から新月」
までの時間の長さは微妙に違います。

 

「新月から満月」までの時間が長いと、

満月が「十七日」なんてこともありえます。

 

でも、やっぱり「秋の真ん中」は8月15日なので、
たとえずれていても十五夜が中秋の名月。

 

このように立派な根拠があるのですから、しっかりと
月を眺めたいものですね。

 

2020年までの7年間は完全な満月ではなく、

ほんの少しだけ欠けた名月の年になります。

 

ややこしですね、何回か読んでると何と無く分かって
来たような?

 

お月見はどこでするの?

家から月が見える場所があれば、テーブルを用意して
即席の月見席を儲けてください。

 

  • 縁側がある方→縁側に台を出して
  • 庭がある→庭にテーブル
  • マンションの方→窓辺やベランダにテーブルを置く
  • 月がのぼってくる方向に

最後に

十五夜とはなぜ「すすき」なの

江戸時代の収穫を祝ったことから派生しています。

ススキが稲穂に似ていることから飾るようになったんですね。

またすすきは月の神様を招く目印としても飾るといわれています。

十五夜にすすきを飾ると一年間病気をしないそうですよ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者