2017今年の十五夜はいつ? 名月のすすきや団子の数?由来は?

今年の中秋の名月はいつ?

 

2017年(平成29年):10月4日

2018年(平成30年):9月24日

2019年(平成31年):9月13日

2020年(平成32年):10月1日

スポンサードリンク

「すすき」と団子の理由は?

家から月が見える場所があれば、テーブルを用意して
即席の月見席を儲けてください。

 

十五夜とはなぜ「すすき」なの

江戸時代の収穫を祝ったことから派生しています。

 

すすきが稲穂に似ていることから飾るようになったんですね。

 

またすすきは月の神様を招く目印としても飾るといわれています。

 

十五夜にすすきを飾ると一年間病気をしないそうですよ。

 

終わったすすきはどうするの?

お月見が終わった後に、すぐに捨てたりしない、
理由はお月見が終わった後は、すすきを庭に差したり、
小屋、水田に差したりします。

 

すすきには、魔よけになるという俗信があるから。

 

tsukimi_dango-235x300

お月見のお団子の理由と数は?

お月見に秋の果物やお団子を供えますね。

■豆知識

平安時代には月見団子を供える風習はありませんでした。
当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、

といった雅味な催しで庶民とは縁のないもの。

 

室町後期には名月の日には月を拝み、お供えをする風習が生じました。

 

江戸時代前期の記録によれば、十五夜の日は芋煮を食べ
夜遊びをするのが一般的だったそうです。

 

庶民の月見には月見団子などの供え物の記録は無く
家庭で供え物が行われるようになったのは
江戸中期以降だそうです。

 

江戸後期には十五夜の日は文机で祭壇をこしらえ、
供え物として江戸では球形の、京阪ではサトイモの形を
した月見団子を供えると記録されている。

 

お団子をあげる風習は、江戸時代後期から始まっています。

お月見で供える団子の数ですが

スポンサードリンク

平年は12個、うるう年は13個供えるのが一般的です。

 

他にも「月見どろぼう」という、習慣があり、より多くの団子を振る舞うほど、その家に幸せが訪れると言われています。

 

芋の名月とも言われる十五夜とは?

「十五夜」は、中秋の名月を鑑賞する他、
これから始まる収穫期を前にして、収穫を感謝する
初穂祭としての意味あいがありました。

 

9月頃に収穫される「芋」をお供えすることから
「芋の名月」とも呼ばれていますね。

 

また、地方によってはこの日だけは、他人の畑の作物を
無断で取っても良いとか、子どもがお月見のお供え物を
盗んで良いとする風習もあるそうですよ。

 

最後に

地方によっては、昔ながらの十五夜の行事が残っていて

長崎県五島の一部では「まんだかな」(お供えが済むとすぐ子どもが

それを取って行ってしまう)という風習。

秋田県仙北郡では「片足御免」(他人の敷地に片足を踏み込んで

取るぐらいなら公認)という風習。

この日だけは「お月様が持って行って下さった」と言うことでめでたいからだそうです。

他の方は辞めましょう、泥棒で捕まりますから。

地機のお月見団子写真

4

oosakatuki.jp1

5

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者