秋の七草の由来と名前の覚え方?

「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、

「秋の七草」は観賞して楽しむ植物です。

秋の七草ってあったんだ、初耳の方結構いると
思いまして調べてみました。

スポンサードリンク

現在一般に言われている「秋の七草」は、
万葉の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら) が

 

二首の歌に詠んで以来、日本の秋を代表する草花として

親しまれるようになったとされます。

 

秋の野に 咲きたる花を 指折(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

(山上憶良 万葉集  一五三七 巻八)

意味:秋の野にとりどりに咲く花を、指を折りながら一つひとつ数えてみると、七種類の花がありました。

萩の(が)花 尾花 葛花 瞿麦の(が)花 女郎花 また藤袴 朝貌の(が)花

(山上憶良 万葉集  一五三八 巻八)

読み: はぎのはな おばな くずはな なでしこのはなおみなえし また ふじばかま あさがおのはな

一首目は、「五・七・五・七・七」の短歌で、
二首目は、「五・七・七、五・七・七」の旋頭歌です。

「朝貌の花」は、「アサガオ(朝顔)」とも
「ムクゲ(木槿)」とも「キキョウ(桔梗)」とも

「ヒルガオ(昼顔)」ともいわれ、諸説がありますが、一般的には「キキョウ(桔梗)」を指すとする

のが有力な説で、辞典類も「キキョウ」とするものが多く見られます。

スポンサードリンク

 

d0060693_19371560

秋の七草を覚えましょう

その1「お好きな服は?」という語呂合わせ

:おみなえし

:すすき

:ききょう

:なでしこ

:ふじばかま

:くず

:はぎ

その2「ハスキーなお袋」という語呂合わせ

:はぎ

ス:すすき

:ききょう

:なでしこ

:おみなえし

:ふじばかま

:くず

「お好きな服は?」、「ハスキーなお袋」の2パターンです。

 

最後に

私は全く秋の七草の事は知りませんでした

春は知てまして、七草粥食べてます

しかし、セリ、ナズナ、スズナ後が出てこない

春の七草とは、

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

でした。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者