田口護(コーヒー)NHKプロフェッショナルに!カフェ・バッハ

プロフェッショナル仕事の流儀は「小さな名店スペシャル」に
東京にあるカフェ・バッハの店主である田口護が登場。

 

何と田口さんは、数十年世界を飛び回って

  • 豆を知り
  • ばい煎を極め

コーヒーのレジェンドと評されている方です。

ここまでやるのと言う程のコダワリ。

スポンサードリンク

番組では田口さんが煎り方が難しい豆・
「ゲイシャ」に挑む姿を通して、妥協なき仕事人
たちの流儀を見せてくれます。

 

93699c82

田口護(たぐちまもる)さんプロフィール

1938年:北海道札幌生まれ。

1968年:東京都台東区日本堤(旧・山谷)で「カフェ・バッハ」を開業。

1980年:後進指導のため「コーヒー自家焙煎セミナー」をスタートし現在も継続中。

技術と原料の互助のためバッハコーヒーグ ループを組織。

2012年:「田口護のスペシャルティコーヒー大全」で辻静雄食文化賞受賞。

日本スペシャルティコーヒー協会会長就任

現在、カフェ・バッハ店主。

(株)バッハコーヒー代表。

 

2000年の沖縄サミットでは晩餐会のコーヒーを
担当「バッハブレンド」を各国首脳にふるまった事でも有名です。

 

20080824cafebach01

カフェ・バッハはどこにあるの?

東京珈琲四天王のひとつといわれる「カフェ・バッハ」。

 

オープンは1968(昭和43)年で、自家焙煎の

礎を築いた田口護氏が手がける自家焙煎コーヒーの名店である。

 

最高級のコーヒー豆を使用したこちらのコーヒーは欠点豆を一粒ずつ

スポンサードリンク

ハンドピックで除り除きながら

 

適正な焙煎でふっくらと豆を焼き上げ、焙煎仕立ての新鮮なうちに提供するのがこだわり。

これは、かつてボイラー整備士だった経験を持つ店主が、

自家焙煎の技術開発に頭を痛めながら、

 

さらにはコーヒー豆育成の技術指導に、世界をかけめぐり、

本物の自家焙煎コーヒーの道を探った末に生まれたものだそうだ。

 

また、毎日焼いているというイギリスパンや、
ケーキ、焼き菓子も用意されているので、
合わせて楽しめる。

 

自家焙煎珈琲の店 カフェ・バッハ

所在地:東京都台東区日本堤1-23-9

電話番号:03-3875-2669

営業時間:8:30~21:00

定休日:金曜日

交通手段

地下鉄日比谷線 南千住駅から徒歩10分

南千住駅から778m

 

バッハ・グループはこちら

https://ja.foursquare.com/mgnkmkr/list/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

20080824cafebach03

最新口コミ

  • “コーヒーが好きな人には是非お勧めです”2015/08/06
  • “コーヒーは文句無し”2015/04/29
  • “coffeeも有名だけど店員さんも規律素晴らしい!”2015/01/28
  • “端正な珈琲と唯一無二のサービス”2014/12/04
  • “スイーツもおいしいです”2014/11/20

最後に

良いコーヒーは焙煎後およそ2週間を過ぎると劣化します。

また、ひどい場合には酸敗します。

2週間で飲みきれる分を購入するのをお客様の
目安にしているそうです。

ふつうの生鮮食品と同じ扱いをしているこだわり
だから美味しいコーヒーを提供できるねでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者