市販のアミノ酸シャンプーのメリットとデメリットはある!

スポンサーリンク
/ /

市販のアミノ酸シャンプーは安い

ナゼ!

アミノ酸シャンプーとは?

●アミノ酸シャンプーとはシャンプーの洗浄成分にアミノ酸を使っている
シャンプーのこと。

●現在あるシャンプー成分の中では、頭皮に対する刺激が最も少なく、
洗浄力も弱いので髪にやさしいシャンプーです。

●サロンで美容師さんがオススメしているシャンプーは、ほとんどが
アミノ酸シャンプーです。

※そのアミノ酸は私達に欠かせない物です
血管や内蔵・筋肉・皮膚などあらゆる体の

 

形成する時に元となるのがタンパク質です
そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

 

私もあなたもアミノ酸は必要な大切な成分ということです。

何とアミノ酸は約500種類もあるそうです
しかし私達の体に必要なアミノ酸は20種類です。

 

しかし自然に体内で形成されるのは10種類
え~じゃ残りは?

 

それは、食事で摂取する他ないのです、それだけ
大切なアミノ酸系シャンプーは体にやさしいということです。

 

 

 

shampoo1022

人気のアミノ酸系シャンプーはこちら

人気のアミノ酸系シャンプーはこちら

市販のアミノ酸系シャンプーが比較的安い理由?

ズバリ市販の「アミノ酸シャンプー」と言って売られているシャンプーは、

本当はメインの洗浄成分が「アミノ酸系」ではないものが多いですよ。

 

成分をよく見ますと「オレフィンスルホン酸~」です。

硫酸系洗浄成分よりは刺激がマイルドですが、
脱脂力は強めです。

スポンサーリンク
/ /

 

メインは「硫酸系」なのにサブの洗浄成分に
アミノ酸系を多めに配合することで

 

「アミノ酸シャンプー」と言って言われている商品も多いです。

 

理由は大量生産、コスト利益です。

本当のアミノ酸シャンプーはどこがちがうの?

  • 「アミノ酸系」
    「ノンシリコン」
    「石油由来成分不使用」

成分にはどれが良くてどれがイマイチなのかわかりづらいですよね。

「アミノ酸系」

シャンプーは「頭皮を洗う」もの。洗うためには
界面活性剤が必要不可欠です。

この界面活性剤を含む「洗浄成分」がどんな種類か?

とても大事です。

アミノ酸シャンプーは、シャンプーの洗浄成分が
「アミノ酸系」のものです。
マイルドな洗い心地で肌にも優しいのが特長。

関連サイト

「ノンシリコン」

シリコンは髪を保護したり洗髪時の滑りを良くしてくれる効果があるコーティング剤です。

一時期言われたように、毛穴が詰まったり
キューティクルを剥がしてしまったりはしません。

ダメージヘアの人ほどシリコン入のシャンプーが
オススメです。

http://masakari1.blog.so-net.ne.jp/

「石油由来成分不使用」

ラウリル・ラウレス硫酸系の洗浄成分は石油由来。

硫酸系の洗浄成分は刺激も強く、脱脂力も高いです。

一方で石油由来でも刺激があまり強くない洗浄成分も。

何が何でも石油0にこだわるのは単に好みの問題かもしれません。

http://masakari1.blog.so-net.ne.jp/

最後に

シャンプーが合わない痒い?

シャンプーの時間を少し長くする

シャンプーの前後のすすぎをしっかり&長めに!

温度はいつもより少し熱めで!

これだけでもだいぶ改善はされますよ

アミノ酸系シャンプーは非常に作る際のバランスが難しいらしく、配合バランスが少し崩れるだけで痒みは感じやすいそうです

合う人にはあうけれど、合わない人にはとことん
合わないものが出来上がることも多々あるようです

シャンプーだけでなく、石鹸とか衣服でも
使用成分で変わってきますから

自分に一番合う物を選ぶしかありません。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者