中園ミホの占い師と四柱推命とは?林真理子とのなかは?

中園ミホさんは、’59年生まれで東京都出身。日本大学芸術学部卒業後、

広告代理店勤務され

 

その後四柱推命の占い師を経て、’88年、脚本家としてデビュー、
という異色経歴を持つかたです。

 

2014091900068_1

四柱推命の占い師とは?

1年3カ月ほど広告代理店に勤めたが、四柱推命の占い師に
転身しています。

 

何で広告代理店とは全く違う道にはいったのか

それは、占い師になった理由は、母親の友人に2人の占い師が
いたそうです。

スポンサードリンク

占い師が2人もいるのもびっくりですね、偶然でしょうが珍しいです。

 

14歳ごろからだと中学2年生、その2人から四柱推命を

教えてもらっていたのです。

 

広告代理店勤務と言いましても、大・中・小ありますから、

広告代理店も激務です。

 

中園さんは多分この広告代理店で、コピーライティングが後の

「脚本家」の基礎になってるとおもいます。

 

コピーライティングとは、簡単に言ってしまえば「言葉の力」となります。

 

また、文章の力だけでどれだけ人を振り向かせることができるか、

またどれだけの人に商品を買ってもらうことができるかを決めるのが

スポンサードリンク

コピーライティングなのです。

 

脚本家にも言えると思います、商品つまり視聴者になるわけです。

 

占い師に戻りますが、日本占術協会に登録していたこともあって、

24歳のときに女性占い師の先生の助手の手伝いしていたそうですよ。

 

その占い師時代に経験したことは、脚本家になって、

人物を描くうえでとてもプラスになったとか。

 

その占いの

四柱推命とは

http://uranai.lar.jp/61shichu.html

元占い師・中園ミホ 安住紳一郎アナの婚期を占う

中園ミホ&林真理子は友達?

 

 

プライベートでも仲が良く、仕事では林真理子さん原作の小説が

中園ミホさん脚本で何度も
ドラマ化されるなど、長いつきあいの2人です。

 

自称二人は、ゴールデンコンビだそうです。

 

二人共お酒が好きなので、年は違いますが
馬が合うのしょう。

最後に

中園ミホさんは、

脚本家はボロ雑巾のように扱われるらしいです。

こんな売れっ子の中園さんでも?

女優さんが『こんなセリフ言えません』とかいうと書き直し。

夜中にパジャマの上にコート羽織ってタクシーで撮影現場に

呼びつけられることもしばしば。

女優さんが格上だからだそうです。

芸能界は怖いですね。

関連サイト

中園ミホ(脚本家)夫と息子は?wikiとナゼ脚本家に?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者