「コーチング」って何をしてくれるの? ビジネスマンに人気

614dfc422b6da6d0b8f09ccc3d27e07620140821151535444

会社の目標をどう設定し、達成するにはどうすればいいのか?”

“家族や同僚とうまくやるにはどんな課題を解決すればいいのか”

人である以上、自身が描くあるべき姿や満足できる生活を模索し、

達成に悩むのは当然だろう。

そのためには他人にやり方を教えてもらうのではダメで、

自ら課題に気づき考える力が必要だ。

最近、その手助けをしてくれるコーチングなる職種が注目を

集めているという。

どんなものなのか? 「コーチング」の専門家として知られる

和気香子さん(エグゼクティブコーチ)に聞いた。

スポンサーリンク
/ /

スポンサーリンク
/ /

企業診断士や心理カウンセラーでもない。

サッカーチームやプロ野球球団などに必ず存在し、

選手たちに、技術はもちろん精神面でも臨機応変の

アドバイスを発信するあのコーチの存在と似たものだと和気さんは言う。

米国が発祥の地のようで、歴史は古く1950年代からあり、

1995年に「国際コーチ連盟」(ICF)が設立された。

90カ国、1万3500人が会員になっており、

日本でも1999年に「日本コーチ協会」(JCA)が誕生している

それにしても企業やビジネスマンが、なぜコーチングを求めるのか。

多いのは、40代も半ばを過ぎて次の人生を考え始めた人だという。

会社での先行きは見えてきたとしても、

まだ現役で仕事をして世の中に貢献したい気持ちがあるからだ。

しかし、そういう人は具体的に何をどうすればいいのかわかっていない。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者