遠藤 諭(耳栓マニア)略歴や編集長とは?ドローンの関係は?

耳栓を分析する男・遠藤諭(えんどうさとし)さんが
元月刊アスキー編集 がマツコの知らない世界に登場。

 

耳栓マニアと言うより「月刊アスキー」編集長として
有名なかたです。

 

遠藤さんはデジタルやメディアに関するトレンド解説や執筆・講演などだと
おもっていましたが、耳栓マニア?

 

そんな遠藤 諭(えんどう さとし)さんの略歴やドローンマニアなど
調べて見ました。

 

349164_615

遠藤 諭(えんどう さとし)んさ略歴

株式会社角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員

元『月刊アスキー』編集長。

元“東京おとなクラブ”主宰。

コミケから出版社取締役まで経験。

スポンサードリンク

 略  歴

1956年生まれ。

株式会社アスキー・メディアワークス、

アスキー総合研究所所長。

 

コンピュータプログラマを経験した後、
1985年アスキー入社。

1990年より、パソコン総合誌「月刊アスキー」編集長。

2008年4月より現職。

 

現在は、ネット時代のライフスタイルに関しての分析・コンサルティングを

企業に提供し、高い評価を得ている

 

デジタルやメディアに関するトレンド解説や執筆・講演などで活動。

雑誌編集のかたわらミリオンセラーとなった『マーフィーの法則』など

書籍も手がける。

 

アスキー総合研究所では、コンテンツ文化とデジタルの接点をテーマにした

マーケティング・リサーチ、およびシンクタンク業務を行っている。

 

 著書・執筆

アスキー・メディアワークスの刊行する各雑誌に執筆するほか、「本の雑誌」や

「東京人」などに寄稿している。

 

東京MXテレビの「東京ITニュース」にレギュラー出演している。

スポンサードリンク

 

著書に

  • 「計算機屋かく戦えり」
  • 「インターネット近未来講座」
  • 「3日で作るPHP」
  • 「ジェネラルパーパス・テクノロジー」(共著) など。

遠藤諭さん耳栓マニアとは?

雑誌編集者は徹夜で会社で仮眠がおおいので、不規則な生活での会社での仮眠等で

使っているうちに、つい集めるようになったと。

 

自分で集めるほか 海外旅行に行く人には「お土産は耳栓ねっ!」って

感じでだんだん集まっていったみたいです。

 

遠藤さん曰く自分にあう服や万年筆を求めるように、私の耳栓を求める旅が

始まったと書いています。

 

米国に出張で出かけたときにドラッグストアとスーパーに寄ってみたところ。

すると思っていたよりずっとたくさんの耳栓を売っていたそうで?

 

私はドラックストアに行きますが、耳栓コーナーは
気が付きませんでした、今度みてみます。

 

耳栓の素材は

  • スポンジ製のもの
  • ゴムあるいはプラスチックのもの、
  • 粘土耳栓もちゃんとあった(これら一般的な耳栓が“earplugs”)

射撃なんかで使うレシーバー型は“earmuffs”と呼ぶそうです。

 

大まかに3種類あるそうで

  • スポンジ製ゴム
  • プラスチック
  • 粘土耳栓

今回は勉強になりました。

 

遠藤諭さん耳栓マニア

http://www.nttdata.com/jp/ja/diary/diary2003/11/20031103.html

 

遠藤諭さんはドローンマニアも?

はじめての“ドローン”買い方ガイド by遠藤諭

文●遠藤諭(角川アスキー総合研究所) 編集●ゆうこば

遠藤さんはメジャーどころのドローンはほぼ所有されており、これら

ドローンの魅力は「操作していると精神が解放されるそうです。

 

最後に

耳栓やドローンマニア、今回のマツコの知らない世界では

耳栓について熱く語られるでしょう、放送がたのしみです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者