浦沢直樹(漫画家)wikiや略歴は?嫁と子供や小室哲也との交流?

漫画家・浦沢直樹氏の個展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」が
世田谷文学館で開催。

 

期間は2016年1月16日(土)から3月31日(木)まで。

 

浦沢直樹氏は『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』など数々の
ヒット作を生み出してきた。

コミックスの売上げは累計1億部を突破。

スポンサードリンク

浦沢直樹氏は現代の手塚治虫とも称されるほど漫画界に大きな影響を与えている。

 

これまでに描いた原稿は実に3万枚以上、画業33周年の集大成として今年1月、人生初の個展む。

 

そんな浦沢直樹氏のプロフィールや略歴、結婚と子供に
付いて調べてみました。

 

0812_urasawa_l

画像:http://www.shinjukuloft.com/galaxy/archive/e/2008/…

浦沢 直樹(うらさわ なおき)氏プロフィール

職業:漫画家

誕生日:1960年1月2日(56歳)

出身地:東京都府中市

学歴:府中市立府中第四中学校

東京都立富士森高等学校

明星大学人文学部経済学科卒業

1983年デビュー

受賞

手塚治虫文化賞マンガ大賞(2回)

日本漫画家協会賞大賞

文化庁メディア芸術祭優秀賞(3回)

小学館漫画賞(2回)
講談社漫画賞

アングレーム国際漫画祭最優秀長編賞
星雲賞コミック部門

略歴

東京都府中市に次男として生まれる

小学校に入学、3年生から学級委員を務め、学級新聞に4コマ漫画を連載

中学では当初陸上部に入るも、先輩の偉そうな態度が嫌に成り軽音楽部へ転入

吉田拓郎や後ボブ・ディランの研究を始める。

 

高校、大学も軽音楽部に所属していた。一方で漫画の制作も続けており、高校では国語の教科書に載っていた芥川龍之介の『羅生門』を漫画化している。

スポンサードリンク

 

就職活動時に小学館に編集者としての面接を受けた際、ついでに持って行った原稿「Return」が新人賞に入選、これを機に1年で芽が出なければやめるつもりで漫画家に。

 

アシスタント等を経て、1983年に「BETA!」(『ゴルゴ13 別冊』掲載)

でデビュー

 

2008年より長崎尚志とともに名古屋造形大学(2007年まで名古屋造形芸術大学)の客員教授も務めている

 

嫁と子供や小室哲也との交流?

昔から“アゲマン”なんて言葉もありますが、「結婚したことで、仕事でも成功できたのかも」と

 

浦沢氏は売れなければバイトでも思っていましたが
結婚しまして、生活がかかって来ますので、

 

『YAWARA』を描こうと思ったのは、結婚したからだといってます。

 

結婚したことで、「売れるものにチャレンジしてみよう」という気持ちになったとの事。

 

浦沢氏は妻によく漫画をチェックされて最近、絵が変だよ」「顔の線が多すぎ」とかダメ出しをされるとか。

 

妻の指摘したことは担当編集者はいってくれないという。

浦沢氏には中学3年生の娘がいます。

娘さんは自分の好きな少女漫画を読んでいて、父の作品はまだ読んでいないみたいです。

小室哲也との交流?

実は、中学の1年先輩になんと
世界の『小室哲哉』氏がいたんですんね。

 

小室哲哉氏は当時放送部員だったんだとか。
そこで浦沢直樹さんリクエスト出します。

イギリスのグラム・ロックバンド『T・レックス』の
「20th Century Boy」

小室哲哉氏は浦沢氏と同じ空間にいたことが明らかになった。

最後に

21015年小室哲哉氏が11月1日にツイッターで「浦沢直樹くんと

母校の中学校、府中第四中学校へ行ってきたよ」

 

と明かしており、NHK Eテレ『ミュージック ポートレイト』の撮影だったらしいです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者