村岡 寛(エースコック)のプロフィールと大学は?カップ麺の常識改革?

エースコックの村岡 寛社長がカンブリア宮殿に登場。

 

エースコックは低カロリーの「スープはるさめ」や「減塩」ラーメンなど

、女性やシニア向けから、

 

麺増量「スーパーカップ」など若者向けまで、カップ麺の常識変える“エースコック”戦略

日清食品を筆頭に強豪がひしめきあう「即席麺業界」で、4位のエースコック。

 

他社や消費者から一目置かれ、今でも売り上げを伸ばし続ける理由は、“常識にとらわれない

”商品開発にある。

 

カロリーを半減させた「スープはるさめ」は健康ブームに乗って、これまでカップ麺に縁遠かった若い女性層をつかむなど、カップめんの常識を次々と変えてきた。

 

この個性派軍団を率いるのは、2代目社長の村岡寛氏。

スポンサードリンク

2015年1月に企業ロゴを刷新するとともに、世界共通のスローガンを制定した

エースコックだ。

 

そんなエースコック村岡寛社長のプロフィールや卒業大学、カップ麺の常識改革など

調べてみました。

 

96958A9C93819499E3EAE2E0968DE3EAE2E1E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5294161018032013I00001-KB3-3

画像:http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1802D_Y3A310…

村岡 寛(むらおか ひろし)氏プロフィール

エースコック 代表取締役社長

誕生:1952年 (64歳)

出身地:兵庫県出身

学歴;関西学院大経済卒

職歴:1975年エースコック入社

常務、専務を経て1994年3月から現職

スポンサードリンク

略歴

村岡寛社長は2代目になります。

創業者の村岡慶二が1948年(昭和23年)に大阪市住吉区でパンの製造販売をする龍門製パン所を設立。

1954年(昭和29年)には、ビスケットの製造販売をする梅新製菓を設立。

同時にインスタントラーメンの製造を開始。

1959年(昭和34年)第一号となる「料理の上手なコック」という意味の「エースラーメン」が発売。

る日清食品の「チキンラーメン」と共に、現在まで発売され続けるロングセラー商品です。

1993年 ベトナムに現地法人ビーフォン・エースコック社(現在のエースコック・ベトナム社)設立。

2015年企業ロゴを刷新

※エースコックの豚さんロゴは先代が寛さんをモデルに
 考案されたそうです。

 

カップ麺の常識改革?

① とりあえずやってみよう精神。

なんでも作ってみようと言う訳。
そのため、商品研究チームは大忙し。

②真剣にふざける!

お客様が陳列商品に掛ける時間は0.3秒
商品ネームも、真剣に好き勝手に上げる。

 

エースコックの強みは、やりたいことをやらせ自由にさせてることにあるかもしれない。

エースコックでは年間100種類以上の商品が作られる。

海外売上比率が5割超えへ?

約20年前に進出したベトナム
妻・道子さんがベトナムに進出した即席めん「HAO HAO」を調理して持ってきた。

今では年間30億食を販売している。

 

平成25年度には1人当たりの年間消費量は約50食と43食の日本を超えたそです。

ミャンマーに今年、現地法人を設立する。

最後に

2016/2/1/発売

かるしお認定 だしの旨みで減塩 小海老天そば

2016/2/1/発売
タテ型 飲み干す一杯 背脂とんこつラーメン

新商品情報

2016/2/1/発売
タテ型 飲み干す一杯 鶏とろ醤油ラーメン

新着商品一覧はこちら

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者