南雲吉則(乳腺専門・形成外科)のwikiと大学!離婚と家族は?

実年齢より20歳若く見えるナグモクリニック総院長の南雲吉則医師は、

実体験から「一日一食」など独特の健康法を導き出した。

 

とりわけ話題となったのが“サーチュイン遺伝子”だ。

 

この遺伝子は空腹になると発動し、体中の細胞を修復。そのため、一日一食にして空腹の

時間を長くつくれば、若返りと長生きが手に入るというのだ。

 

 

nagumo

画像:http://www.a-advice.com/osaka_2014/guest/nagumo_yo…

南雲 吉則(なぐもよしのり)先生プロフィール

(ナグモクリニック総院長)
専門:乳腺専門・形成外科

誕生:1955年(昭和30年)

出身:群馬県

出身高校:駒場東邦高校

学歴:1981年 東京慈恵会医科大学卒業

スポンサードリンク

職歴:東京女子医科大学形成外科研修、癌研究会附属病院外科勤務、

東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長を歴任。

現在、医療法人社団ナグモ会理事長、ナグモクリニック東京・大阪・福岡総院長。

 

「女性の大切なバストの美容と健康と機能を、生涯にわたって守るバスト専門クリニック」が信条。

 

乳房の美容手術(豊胸術、乳房縮小術、乳房吊り上げ術、乳頭縮小術)、乳房の健康(乳癌検診、乳癌手術、乳房再建、抗癌剤療法)、

 

乳房の機能管理(陥没乳頭の治療、授乳相談)と、まさにバストの美容から健康まで全てを面倒みてくれるたのもしいドクター。

スポンサードリンク

南雲吉則先生の家族子供は?嫁と離婚って?

家族構成としては、奥さんと子供がいるようです。

子供については、医師の息子さんと娘さんの二人
南雲家は代々医者だそうで息子さんで5代目だそうです。

離婚はしていないようです、

冷蔵庫を別々にしていることや、
一日一食を実践されていることという事実。

 

また、家族とは一緒に食事しないことや
家族がアンチエイジングに無関心といった理由か?

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者