吉野慶一(チョコレート)のプロフィールとDari Kの手作りチョコレート!

吉野 慶一(よしの けいいち)チョコレート専門店「ダリケー」の吉野慶一氏がガイアの夜明けに登場。

 

価格が上がっても、その恩恵を授かれないカカオ生産者と出会い、現代の資本主義のゆがみに気づく。

 

現地生産者の意識と「途上国=一次産業=貧しい」というイメージと現実を変え、フェアトレードが不要な未来を創る。

 

Dari Kは、インドネシアや世界のことを考えながら、日本、京都で問題解決のためにできることを考えるというスタンス。

スポンサードリンク

チョコレート、インドネシア、フェアトレードなど様々な視点から問題を見て、解決策を考えてきた吉野さん。

 

カカオ豆の原産地では、すりつぶしソースとして使ったり、お茶として飲んだりと、まだまだ知らない用途があり

新しいグローバルの考え方の吉野 慶一(よしの けいいち)氏プロフィールや会社,
カカオの本当の魅力など調べて見ました。

 

archives_main-14

画像:http://www.prdx.co.jp/ouendan/archives/post_54/

吉野 慶一(よしの けいいち)氏プロフィール

Dari K株式会社 社長

年齢:35歳

出身:栃木県足利市

学歴:慶応義塾大学経済学部、
京都大学大学院、
オックスフォード大学大学院卒業。

職業:モルガン・スタンレー証券株式会社(現モ ルガン・スタンレーMUFI証券)

スポンサードリンク

投資銀行アナリスト、スピードウェル株式会社
(投資顧問・ヘッジファンド)アナリスト、

(財)統計情報研究開発センター研究員を経て、

2011年:Dari K株式会社を設立。

会社所在地

Dari-K株式会社

所在地:〒604‐8801

京都府京都市中京区今新在家西町22 1F

設立 2011年

事業内容:チョコレートの加工、販売

Dari-K株式会社

URL : http://www.dari-k.com/

 

【百貨店】

高島屋(京都店、新宿店)

伊勢丹(京都店、JR大阪店、新宿店)

小田急百貨店(新宿店、町田店)

三越(銀座店)

阪神百貨店(うめだ)

阪急百貨店(うめだ)

大丸(京都店、神戸店)

近鉄百貨店(あべの店)

西武百貨店(池袋本店、大津店)

【ホテル】

ホテル日航プリンセス京都、

ホテルグランヴィア京都

【カタログ】

Felissimo、阪急キッチンエール、阪急オレンジライフ

 

カカオを通じて世界が変わる?

●カカオの生産者がチョコレートを自分で作って食べられるように。

●廃棄しているカカオの殻はメタン発酵することで自家発電できるように。

●カカオの薄皮はお茶にしてポリフェノールをとれるように。

●カカオ農園をアグロフォレストリにして、森林保全を図りながら、マンゴーやパイナップルなど他の果樹も収穫できるように。

少しの知識と生産者本人のやる気があれば、カカオ農園はどんどん変わっていきます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者