水野祐(弁護士)のプロフィールや大学は?今後の抱負は?

水野祐氏は主に著作権などの知的財産権を扱う弁護士で、美術・映画・音楽・ファッション・建築・メディアアートなどクリエイターの表現活動を法律家の立場からサポートする異色の存在だ。

 

そんな水野祐氏が情熱大陸に登場

 

テクノロジーの発展と現行の法律の間に広がるグレーゾーンをクリエイター寄りの発想で解釈、

スポンサードリンク

異色の若手弁護士のプロフィールや大学や家族など調べて見ました。

 

qqwe7g3plqrxcpln7go5n0vq78s6p1kbjkf9hs42

画像:http://artdesignjobs.bijutsu.press/column/detail/6…

水野祐(みずの・たすく)氏プロフィール

弁護士 シティライツ法律事務所代表

出身:神奈川県生まれの35歳。

誕生:1982年

出身大学:慶應義塾大学法学部卒

職歴: 武蔵野美術大学非常勤講師(知的財産法)

Arts and Law代表理事

スポンサードリンク

Creative Commons Japan理事

慶應義塾大学SFC研究所所員

2008年司法試験合格

都内の弁護士事務所勤務の後、

2013年事務所を開設。

家族:一児の父

略歴

中学時代にサブカルチャーにハマリ、
大学では法学部に在籍しつつもバンド活動や自主映画製作を楽しむ。

 

たまたま触れたクリエイティブコモンズの提唱者の本に感銘を受け、

クリエイターを法律家の立場から支援することを思い始める。

 

現場に行く”がモットー。カルチャーと酒をこよなく愛する

水野祐氏今後の抱負は?

新しい価値観に触れたり、かつて見たこともないものに出会いたいという欲求がすごくあって、頭を抱えたいんです。

「ああ、こんなもんに出会ってしまった! 昨日までの自分なんなんやろ」みたいな(笑)。

新しいことや今までにないものをつくろうとしている人たちって、そういうことを世に提示してくれる存在ですよね。

現在手がけている、山口情報芸術センター[YCAM]さんやRhizomatiksさんなどとのお仕事は、既存の法律書には載ってない相談ばかりなんです(笑)。

でも、そうしたトライを常にお手伝いできる事務所にしていきたい。

法務は裏方ですけれど、最終的には「あそこが法務をやっているんだったら、このクリエイターや企業は面白いかもね」と思ってもらえるようになれたらいいですね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者