請川博一(ドローンパイロット)の資格や会社は?プロとの差は?

プロフェッショナル 仕事の流儀に請川博一氏登場
「空の産業革命」といわれる無人航空機「ドローン」。

 

機体を手足のごとく操り、革新的な映像で空撮業界に名を轟かせています。

ドローンパイロットの仕事は産業用ヘリの時代から換算すると空撮歴は30年のキャリアを持つ請川氏。

 

プロフェッショナル 仕事の流儀では、請川氏も耳にしたことがない空撮の依頼が入る

スポンサードリンク

なんと時速40キロで走るタイヤを接近かつ低空飛行のドローンでピッタリとらえ、急上昇させて雪原の広い風景につなげるという「究極のワンカット」だそうです。

 

プロの腕を見るチャンス、そんな、ドローンパイロットの請川博一氏を調べて見ました。

 

img1-16232_1

画像:http://dimora.jp/digital-program/1511-8200/?areaId…

請川博一 (うけがわ ひろいち)氏

ラジコンヘリコプター空撮歴 30年

  • 大手広告代理店、
    国内プロダクション、
    放送局、国土交通省、

特殊空中撮影を行っては、2015年は年間250件の空撮を行っています。

現在では、マルチコプター(ドローン)を活用して 多目的な運用と機材開発、提案している。

プロフェッショナルの仕事と差は?

クライアント様の要望を的確に判断し、撮影のポイントと、出来上がった絵をイメージ出来るか否か。

 

そしてなにより安全のためにスピードが命です。
気温、風速、気流、地形などの情報から、いかに正確に撮影し、早く上げて早く降ろすかを操る。

スポンサードリンク

 

有限会社レイブプロジェクト
〒078-8234
北海道旭川市豊岡4条6丁目13-3
TEL 050-3391-6134
Email ravepj@cocoa.ocn.ne.jp

 

無人航空従事者試験(ドローン検定)とは

国内でも、航空法の一部改正を始め、法的整備が整いつつあるところ、使用者の適切な管理と操縦者の高い能力が求められています。

 

そこで、無人航空従事者試験(ドローン検定)では、ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、

その向上と周囲の方への理解を広めることを目的としています。

 

https://drone-kentei.com/about.html

アメリカでは

何とアメリカ軍では「軍事目的」でドローンを利用してる。

その利用方法は 

偵察・攻撃に使う軍用ドローン(無人偵察・攻撃機)

「ドローンパイロット」は高額収入だそうです。

 

(しかし、人が集まらないそうです)

ボーナスは現金で毎年2万5千ドル(約295万円)ずつ支払われ、

5年勤め上げれば計12万5千ドルが手に入るという。(約1200万)

逆に言えば、配置転換や退職を望んで去っていくパイロットが後を絶たないため、破格の好待遇を用意せざるを得なくなったのだ。

なぜこれほど不人気なのか。理由のひとつにストレスをあげる。

1日約12時間も複数のコンピュータースクリーン画像を監視し、

敵を発見し、上司の「ミサイルを撃て」という冷たい声の命令で画面上の人を殺す。

ドローンパイロットは仕事が終わると、基地のガレージに停めていた愛車に乗り込み、

近所のスーパーで買い物をして帰宅。夕食を食べ、テレビ番組を見ながら家族との時間を過ごす。

そして翌朝はまた画面の中の戦場に戻る-。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者