田中彩子(ソプラノ歌手)の経歴や年齢は?基本ノーブラ?

“天使の歌声”美しきクラシック界の歌姫「100年に1人」とも称される“ハイ・コロラトゥーラ”!超高音域を巧みに操る才能の持ち主の田中彩子さん。

 

クラシックの本場で、プロ10年のキャリアを積み重ねるソプラノ歌手・田中彩子さんが今、熱い視線を浴びている。

 

ハイ・コロラトゥーラ”とは

超高音域を巧みに操るテクニックと、その技能を持つ歌手のこと。

スポンサードリンク

田中さんの歌声は、繊細さと軽さが特徴とされ

「まさに天使の歌声」、

「鳥のように美しい」と賞賛を浴びてきた。

そんな田中彩子さんのプロフィーや略歴とノーブラ事実など調べて見ました。

 

20

画像:http://www.ayakotanakasoprano.com/?lang=jap&id=17

田中彩子(たなか あやこ)さんプロフィール

ソプラノ歌手・、オペラ歌手

生誕日:1984年2月23日

出身地:京都府生まれ

スポンサードリンク

留学:18歳でウィーンに留学

在住:ウィーン(ヨーロッパにあるオーストリアの首都)

好きなもの:ジブリ映画、料理、お風呂

所属:ウィズフィット アンド カンパニー

略歴

3歳からピアノを始め、18歳でウィーンに留学し声楽を学んだそうです。

22歳でスイス・ベルンの州立歌劇場でソリストデビュー。

 

2013年アルゼンチンでコンサートツアー。

2014年ウィーン二大コンサートホールの一つ、コンツェルトハウスでソリストデビューするなどヨーロッパ各国に招待され、その超絶的歌唱テクニックが絶賛されている。

 

2015年12月6日 – テレビ朝日「題名のない音楽会」出演

もともと、ピアニストになることが夢だった田中さん。

 

歌手への分岐点は、とある音楽研修だった。

発声練習の時、どこまでも高く伸びて行く声に「ものすごい才能があるから」。

私が教えるからウィーンに来なさいと元宮廷歌手からラブコールを送られ歌手としての道を歩み始めたのだ。

 

「身体が楽器」と言う田中さんだが、その小さな楽器はいかにして天使の声を生み出すのか。

オペラ歌手は基本ノーブラらしい?

TBSの番組「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」の放送内で、

オペラ歌手はブラジャーをつけないらしい!

 

息をお腹の深くまで吸うので、体全体が膨らむ
締め付けられると気になってしまうのでノーブラで歌うそうです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者