渡辺達生(カメラマン)プロフィールと家族や使用カメラはなに?

渡辺達生氏アートでなければポルノでもない。
“現代の浮世絵”と評され、世界でも稀なジャンルとして日本独自の発展を続けてきた

“女性グラビア”という分野で、かの篠山紀信と共にリードしてきたカメラマンが渡辺達生氏が情熱大陸に登場。

 

有名女優に人気歌手、アイドルたち…4千人の女性を撮り続けた方。

撮り続けた写真は数十万枚を超え、40年間で235冊もの写真集を世に送り出してきた。

スポンサードリンク

“写真家”や“アーティスト”と呼ばれることを好まず、自分は職人

 

カメラを向けるモデルたちをキレイに可愛く撮るのが仕事だ」と語る渡辺氏には誰にもまねの出来ない技がある。

それは撮影前の化粧室で女性たちと交わす“よもやま話”。

恋の悩みや私生活の相談などだれもがも渡辺氏を前にするとスッピンになった心のうちをさらけだすそうです。

 

 

33cad866-s

画像:http://trendgossip.everyday.jp/wp/2016/04/23/%E6%9…

渡辺達生(わたなべ たつお)氏プロフィール

カメラマン

生年月日:1949年1月20日

出身:山梨県生まれの67歳。

出身校: 成蹊大学経済学部卒業

大学時代の同級生:大学時代の同級生にカシオペアのベーシスト、現東京音楽大学客員教授の鳴瀬喜博がいる。

趣味:ゴルフ、無類のクルマと猫好き

家族:妻と長男夫妻に孫一人に猫7匹

スポンサードリンク

 

略歴

写真好きな父親の影響で小学校で写真部に所属する。

成蹊大学経済学部を卒業後サンケイ出版でアルバイトをしながら著名カメラマンに師事することなく独学で写真を勉強する。

 

フリー・カメラマンとし人気男性誌GOROでグラビアの世界に入る。

 

懐かしい 貝殻ビキニで話題になった武田久美子さんは30万部、故川島なお美の写真集は50万部を超える大ベストセラーになりました。

 

グラビアにおいて篠山紀信と共に看板カメラマンとなる。

最近では、 剛力彩芽セカンド写真集、 平愛梨セカンド写真集『A』などがあります。

 

渡辺達生氏の使用カメラと人物撮りは

渡辺達生氏の使用カメラはCanonのEOSです。

あの 戦場カメラマン渡辺陽一さんも使用していると言われているカメラも CanonのEOSです。

 

●デジイチ撮影テクニック

人物撮りは「愛情をそそげ!」

イベント終了後、渡辺先生に直接「女性をカワイく撮影するにはどうしたら良いのですか?」と「人物撮影のポイント」について質問しました。

そうすると、渡辺先生から開口一番、

「愛情が足らないんじゃないの?」

と厳しいご指摘をいただきました。

その他、渡辺先生から教えていただいた人物撮りのポイント。

プロのモデルさんでも、カメラを構えるとやはり緊張する。

とにかく話したりして、リラックスさせる。
撮影前に会話をして、緊張をほぐす。

話しながら相手のどの部分、どの角度が一番魅力的に見えるか、しっかり観察する。

外で撮影する時は、どこで撮るのが良いか、あらかじめ調べて把握しておく。

とにかく枚数を撮る!意識して撮る!!(渡辺先生は1日で数十GB撮影されるとのこと…)

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者