小出雄二( 桃屋)プロフィールや出身大学は!社長は娘婿

桃屋は2015年小出孝之代表取締役会長の取締役相談役就任を決めた。

小出氏は2代目社長として「味付メンマ」など数々のヒット商品を生み出し、近年も「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の開発を先導。

 

44年に及ぶ代表権を返上し、後進に道を譲る。
娘婿の小出雄二社長が代表取締になる。

 

娘婿の小出雄二代表取締社長は独自の大量陳列などで既存品販売を強化。

スポンサードリンク

就任4年で経営の前面に立ち、20年の創業100周年に向けて良品質主義と市場創造を貫く。

 

長年しられています「ごはんですよ!」や「味付メンマ」など多くの家庭で食べられる桃屋の商品。

37の商品のうち半数が昭和生まれのロングセラー。

 

桃屋の「花らっきょう」は発売後95年が経つ。
これほど支持される裏にあるのが「嫌になるくらい製法にこだわる」という桃屋の“良品質主義”。

そんな桃屋の小出 雄二社長のプロフィールや出身大学、職歴など調べて見ました。

スポンサードリンク

 

 

img-chairman-sp

画像:http://www.momoya.co.jp/corporate/

小出 雄二(こいで ゆうじ)氏プロフィール

旧姓:桑原雄二

株式会社桃屋 代表取締役社長

小出孝之取締役相談役の娘婿

誕生日:1961生まれ 55歳

出身:東京都港区

学歴:1985年慶応大学商学部卒

職歴:味の素入社

2011年桃屋入社、取締役

 

創業と社名の由来?

1920年(大正9年)創業してます
ビン詰・缶詰を製造販売する企業

会社のマークには桃とその下に左向きの矢が描かれている。

この矢は、桃を吉兆にたとえてこれを射る、または桃を消費者にみたててその心を捉えるという意味がこめられている。

また、「桃屋」の名は「桃矢」をかけているともいわれる。

創業者の小出孝男は中国の上海の商学校出身だったが、そこで学んでいた時に桃が古来中国では吉兆や長寿のシンボルであることを知った。

そこで、社名を「桃屋商店」にした。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者