佐藤可士和(アートデレクター)創価学会と「ふじよちえん」妻はあげまん

アートディレクターの佐藤可士和氏がカンブリア宮殿
登場します。

 

佐藤可士和氏をしってますか?

 

有名な出来事は、反町隆史、松島奈々子夫妻が飼っているドーベルマンに噛まれて
裁判を起こす事件がありました。

 

俳優の反町隆史と松嶋菜々子夫妻の飼い犬にかまれて負傷した

同じマンションの住人が退去したため賃料収入を失ったとして、

 

不動産管理会社が、夫妻に約5220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、

東京地裁は14日、385万円の支払いを命じた。

 
判決によると、2011年5月、反町夫妻が入居していた東京都渋谷区のマンションの通路で、

反町の娘が連れていたペットのドーベルマンが住人の女性の脚にかみついた。

 

女性側は「住み続けられない」と退去を希望。
管理会社は賃貸契約を解約した。

スポンサードリンク

佐藤夫妻の奥さんが噛まれたことにより犬を見るたびに不快感を覚え、契約が満期になる前に転居した為、

解約違約金として反町さん夫妻側に賠償を命じた形だそうです。

 

ちなみに350万はどこからはじき出された
数字だと思いますか?

 

賃料2カ月分らしいですよ単純計算、家賃175万円のマンションってどんだけですね。

そうだったのかと思いだしました、しかし妻の佐藤 悦子さんは「あげまん」との噂など調べて見ました。

 

 

yjimage (1)

佐藤 可士和(さとう かしわ)氏プロフィール

クリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー

誕生日:1965年2月11日

出身:東京都

学歴:成城高等学校卒業後、御茶ノ水美術学院を経て多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科進学、卒業

職業:株式会社博報堂に入社

2000年に独立し、クリエイティブスタジオ「株式会社サムライ」を設立し、同社代表取締役に就任

 

佐藤 可士和氏は創価学会?

SMAPの他、キリンビール、TSUTAYA、 ユニクロなど創価学会系の企業のデザインが多い。

デザインは学会員の佐藤可士和

サブリミナル効果

創価の三色は黄色が真ん中に来るのが特徴。
黄色が真ん中に来る赤・黄・青は創価の三色旗以外に、あまり例がない。

 

o0320024010462548956

スポンサードリンク

yjimage

ふじよちえん

o0420037611757312545

あげまん妻「佐藤悦子」!

ダウンロード

佐藤 悦子(さとう えつこ)さんプロフィール

クリエイティブディレクター兼マネージャー

生誕日:1969年11月3日

出身:東京都

出身校:白百合学園中学高等学校卒業。
1992年 早稲田大学教育学部卒業後、

職業:株式会社博報堂入社

職業 クリエイティブマネージャ

 

結婚の後:外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)入社。AD/PRマネージャー。

2001年:株式会社SAMURAIに参加。

2007年:長男を出産し、育児と両立しながらプロジェクトマネージメント&プロデュースを行っている。

 

妻「佐藤悦子」さんは、「社会」と「男性」をつなげる典型的なあげまん女性だ。

男性というのは、遠い未来に心を囚われる特質がある。

そのために目の前のことが疎かになったり、手をつけられなかったりする。

せっかく実力があったとしても、その実力をうまく表現できていない男性というのは世の中にたくさんいるものだ。

そんなときに、その人がどう社会に見られるべきかをちゃんと考えてくれ、その一歩を一緒に踏んでくれる女性はとてもありがたい存在だ。

初めのうちは彼女が何をしようとしているのか、なかなかわからなかったですね。

時代の価値を変えるようなアイコン的存在になりたい、そうなればクリエイターとして最高だろうと思ってはいたけれど、

ぼくは目の前にある仕事を的確にこなしていけば、いつかそこに行けるんじゃないかと思ってたんです。

でも実際はそうはいかない。もちろんベースとしてクリエイティブの質が高いことは当然として、

それがないともちろん駄目なんだけどそれだけでは辿り着かない。

そのための努力、ブランディングが必要だと言うことが、彼女には見えていたんですね。

遠くしか見えてなかった僕に、彼女は具体的な方法論を示しました。

『佐藤可士和のつくり方』佐藤悦子著より

妻「佐藤悦子」さんのブランディングによって佐藤可士和は様々なメディアに取り上げられていくようになる。

佐藤可士和氏の妻「佐藤悦子」さんの著書、「佐藤可士和のつくり方」には夫をどのようにブランディングするか、どのようにマネージメントするかが詳しく書かれてある。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者