真野知子の経歴とギフトコンシェルジュとは?マツコの知らない世界

「マツコの知らない人と差がつく手土産の世界」

 

家族、友人、よそ行きに!「挨拶の気持ち」をお届けする”手土産”の世界!

これまで1000個以上の手土産で幸せを届けてきた、

 

ギフトコンシェルジュ真野知子さんが、
普段使いから帰省用手土産まで、

 

この夏喜ばれるおすすめ手土産の数々をご案内!

スポンサードリンク

お盆の帰省の参考にしてはいかがですか。

ギフトコンシェルジュなんて職業初めて聞きました!

 

こんな職業もあったんだ!

そんな真野知子さんの経歴やギフトコンシェルジュなど調べて見ました。

 

 

sp_b81dc862c3cd7ce4ed9942bb936a82eb

画像:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/sp/s…

真野知子(まのともこ)さんの経歴

職業:ギフトコンシェルジュ/ウエディングギフトプロデューサー

生年月日:不明

出身地:不明

職業ははアパレルブランドの広報として働いていたという真野さん。

そして海外に滞在した経験もあり、帰国後にギフトコンシェルジュとして独立したそうです。

彼女の選ぶギフトはセンスが光る素晴らしいものばかりで、カルチャー誌やファッション誌にも良く特集が組まれています!

【著書】

「大切な日のためのギフトマニュアル」マーブルトロン刊

【連載】

「good things make the day brighter」ブライダル業界誌“The Professional Wedding”

「FOOD NEWS/真野知子のおいしいギフト」マガジンハウス“an・an”

スポンサードリンク

「あの人に贈るギフト」ANA STORE

【プロデュース】

「ROOM SERVICE」

阪急うめだ6F おくりものギャラリー“fubako”

“ antina gift studio”

“Plan Do See”様ほか

 

ギフトコンシェルジュとは?

ギフトコンシェルジュの資格は無いそうです、普通の職業だそうです。

 

日本ではまだ聞き慣れない職業かもしれませんがアメリカハリウッドなどでは、

贈り物を選ぶ時間がない人たちの間でポピュラーなお仕事なのです。

 

日本には贈り物をする文化が生活の中に根付いています。

さまざまな形で贈り、贈られ、今や知的コミュニケーション手段の一つとなっています。

 

何を贈るか迷うこともありますが、相手が喜んでくれたときにはお互いをハッピーにしてくれる魔法のアイテムへと変わるのです。

 

間違いが少ないのは「旬モノ」です。
その時期にしか楽しめないものや味わえない食べ物はギフトとして優れています。

ちょっとしてプレミアム感があるモノも優れています。
老舗店舗の商品やブランドものは金額以上の好印象を与えてくれるそうですよ。

普段手の出ない物などはもらっても嬉しいものです。

 

真野知子さん曰く、ギフトは「相手のライフスタイルになじむか」を基準に選ぶと自己満足ではない贈り物をすることができるようです。

 

迷った時は、旬モノやブランド力のあるモノを選ぶようにするといいようですので、参考にしてください。

最後に

真野知子さんを調べましたが、プロフィールが出ておりませんでした。

わかり次第のせたいと思われます

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者