コシノジュンコのプロフィールと略歴や離婚と再婚で息子は?

ファッション界の巨星、コシノジュンコさん輝かしい
経歴ですが今やファッションの枠を超え、

 

打ち上げ花火のデザインから芸術祭のプロデュースまでをも手掛ける。

 

コシノジュンコさんがクロスロードに登場。

 

仕事、家族、プライベートと密着すること半年、底なしのバイタリティで進み続ける姿だったそうです。

20歳で銀座に売り場をもち,1960年代の若者文化を象徴する斬新な服作りで人気を博した方です。

 

コシノ三姉代で知られてますが、有名だから順調とは
行ってないようですからコシノジュンコさんのプロフィールや学校、子供の職業など調べて見ました。

 

 

kosinojunnko

画像:http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/07/post-2…

コシノジュンコさんプロフィール

ファッションデザイナー

本名:鈴木順子(旧姓 は小篠)

生年月日: 1939年8月25日 (76歳)

出身地: 大阪府 岸和田市

出身校:大阪府立岸和田高等学校

    文化服装学院

母親: 小篠綾子

兄弟: コシノヒロコ(小篠弘子)、 コシノミチコ(小   篠美智子

「コシノ三姉妹」として知られる

 

子供: 鈴木 順之(よしゆき)

姪: 小篠 ゆま、 小篠 由佳客員教授。

 

職歴:花園大学客員教授

アイドルグループ・BiSの終身名誉メンバー

スポンサードリンク

略歴:

文化服装学院を2年の基礎コースを1年で終え、飛び級で小池千枝の担当するデザイン科へ進む。

デザイン科在学中、新人デザイナーの登龍門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞。

 

銀座小松ストアーへの出店を皮切りに、

1966年(昭和41年)、東京・青山にブティック「COLETTE」を開店。

スポンサードリンク

 

1978年(昭和53年)にパリ・コレクションに初参加。

1985年(昭和60年)、北京で中国最大のファッションショーを開催。

 

1990年(平成2年)には日本人初のショーをベトナムで、また1996年(平成8年)にはキューバで外国人デザイナーとしては世界初のショーを開催して話題となった。

 

2009年(平成21年)8月には、ミャンマーで著名外国人デザイナーによる初めてのファッションショーを開催した。

明石家さんまの1983年(昭和58年)に登場した「アミダばばあ」の衣装デザインを担当した。

 

画像はこちら

yjimage

番組に登場するときに、なんとサザンオールスターズの

桑田佳祐さんの作詞作曲の「あみだババアの曲」で登場していました。

 

明石家さんまが演じるキャラクターとして唯一、デザイナーが製作した衣装でありました。

2011年より、花園大学客員教授に就任。

 

2011年10月、コシノジュンコの母・小篠綾子をモデルとしたNHK連続テレビ小説「カーネーション」が放映。

2013年、アイドルグループ・BiSの新メンバーオーディションに極秘潜入の末合格し、同年10月29日にメンバーとして加入。

 

直後の11月5日に終身名誉メンバーに就任

 

結婚と離婚と再婚!

ジュンコさんは24歳の時、カメラマンを志していた 斉藤亢と結婚するも、のち協議離婚。

昭和50年、ヘアデザイナー鈴木弘之と再婚された そうです。

 

息子、鈴木順之さん!

 

息子、鈴木順之(よしゆき)さんの名前が難しかった
順之(よしゆき)と読むそうです。

 

彼は青山学院高等部を卒業後
ロンドン芸術大学チェルシー・アート&デザインにて空間デザインを学びました。

 

日本に帰国後は、PUMA japanのクリエィティブ・ディレクターを経て、

グラフィックデザインや空間デザイン、プロデュース業に携わり、

クリエイティブエージェンシー「bisq inc.」を設立。

 

祖母や母親と同じ、デザインの道に進んだことになりますね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者