石倉悠吉(つばめグリル)プロフィールと略歴!お店はどこ?

「つばめグリル」は絶品のハンバーグで連日のように長蛇の列を作る洋食店。
創業86年を迎える老舗、この店のファンの多くが長年
「つばめグリル」に通い続けているロングリピーター。

 

「つばめグリル」社長の石倉悠吉氏がカンブリア宮殿に登場。

 

客に提供するものに

 

  • 「絶対に手を抜かない!」
    「手間がかかっても手作りにこだわる!」
    「仲間に恥ずかしくない店にする」
  • など、料理に、客に、仲間に、正直に向き合う愚直な経営戦略だ。
    スポンサードリンク

だから世代を超えて3世代で通い続けているという熱狂的なファンを数多く生んでいる。
そんな熱狂的なロングリピーターを生ませた石倉悠吉氏の
プロフィールや略歴、黒字にした訳など調べて見ました。

 

 

140703tsubameTOP10.jpg_2047919963

画像:https://www.foods-ch.com/gaishoku/1402641286785/

石倉悠吉(いしくら ゆうきち)氏 プロフィール

 つばめ 社長

 誕生:1943年生まれ

出身:東京都港区

学歴:1966年大学卒業

スポンサードリンク

経歴

石倉悠吉氏は大学卒業と同時「につばめグリル」を
次いでおります。

80年前に祖父がはじめた駅中洋食屋を1996年に父親から
大赤字経営の状態で引き継ぎます。
つばめグリルは戦後銀座に移り、日本経済の復興を担った社用族を相手に繁盛していましたが、

1965年は東京オリンピック後の不況で、売り上げは最盛期の半分以下になる。

「洋食をずっとやってもダメだ」と思ったのでは当初石倉氏はつばめではなくてラーメン屋をしたそうです

 

そんな中、祖父のあとを継いでいた父が「つばめグリル」から退くということで、経営に石倉氏が携わることになりました。
当時は赤字経営からのスタートで、洋食にこだわらず大衆食堂のようなメニューも出していた。
しかし、2014年6月現在「つばめグリル」「つばめや」
「つばめDELI」など24店を経営。

 

化学調味料や着色料、保存料を使わない素材の味にこだわり抜いた洋食屋「つばめグリル」、

ステーキ「つばめや」を運営する株式会社つばめに成長。

 

「つばめグリル」の改革は?

洋食業界は昔からコックさんの給料が昇格し続ければ
賃金が払えなくなったら「修行にいけ」といって追い出された。

 

コックさんの使い捨てていた

違った形でも現在もあると思いますが??

味は長年の経験でちょっと違えば常連さんは
敏感ですから。

 

私なんかはラーメンが好きで通ってた店で、作っていた方が独立して違う方が作ったらすぐ分りました、特にスープが・・・・
ちなみにその店には行ってません

つばめクリルお店はどこ?

株式会社つばめ

企業所在地:〒108-0075 東京都港区港南3-2-9

つばめクリル 店舗情報はこちら

https://www.tsubame-grill.co.jp/store/

公式サイト:

http://www.tsubame-grill.co.jp/

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者