神吉武司と神吉秀次(吉寿屋)プロフィールとユニーク経営!

吉寿屋(よしや)は創業52年を迎えた菓子問屋。
卸売りのほか、専門店「お菓子のデパートよしや」

 

という直販店を、関西中心に101店舗展開している。
小売店の価格は定価の約2割引が決まり。

 

お菓子の品揃えはロングセラー商品やスーパーやコンビニで見たことのない菓子までなんと
1400種類だそうです。

 

まさに「お菓子のデパート」だ。

スポンサーリンク
/ /

なんと吉寿屋は、社員をやる気にさせる報奨制度を作り上げ、業界トップの利益率をたたき出しているという。

商品の単価が安く儲けが薄いと言われる菓子業界の中で
創業以来“赤字無し”の健全経営を続けている。

 

それも社員に利益還元してやる気を出させる、どこかの
社長聞いてますか。

 

その人物こそ、創業者の神吉武司氏。
仕入れ部門で神吉氏を支え続けてきた現・会長で弟の秀次だ氏なのです。

 

兄弟二人三脚で作りだしたユニークな最強菓子会社「吉寿屋」のプロフィールや秘密を調べてみました。

 

dec0e80cbdf7f706e2b4c71e706be972_content

画像:http://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/65793902.html

神吉 武司(かみよし たけし)氏プロフィール

吉寿屋 創業者

誕生日:1941(昭和16)年

出身:徳島県生まれ

1964(昭和39)年、大阪にて菓子卸業の店を創業。その後、小売にも進出し、

「お菓子のデパートよしや」を展開。

スポンサーリンク
/ /

年商121億円

 

神吉 秀次(かみよしひでじ)氏と吉寿屋のプロフィール

吉寿屋 会長

出身:徳島県生まれ

 

創業:昭和39年6月1日

会社設立:昭和43年7月1日

資本金:7,500万円

近年の業績:平成27年度売上  121億2701万7871円

平成27年度経常利益:3億6861万5540円

従業員(平成27年6月現在):353名(アルバイト含む)

住所 〒566-0064 大阪府摂津市鳥飼中3-3-36

TEL・FAX:TEL:072-650-6788

フランチャイズ募集

http://www.okashi.jp/franchise/index.html

よしや通販

http://www.rakuten.co.jp/okashinodepart/

 

朝のユニ-クな取り組みで業績アップ!

神吉秀次社長は朝4時頃出社

 

「夜の残業は効率が悪い。ダラダラしがちなので、
朝から夜の分を先にしている」と言います。

 

朝8時半から夕方5時半までが通常の勤務で、
夜の残業は認めていません。

 

男性社員(24歳・営業担当)の1日の行動と、そのメリットについてご紹介しましょう。

(1)午前4時50分~残業があるため、下宿を出ます。
*ラッシュ時の半分以下の時間で移動できるので、通勤時間を短縮できます。

(2)5時50分~会社到着
*電話もかかってこないので、仕事に集中できます。また会社からおにぎりやパンの支給があります。

(3)8時50分~営業に出かける。
*売り場のレイアウトやおすすめ商品など、朝に準備したことを提案します。

(4)午後5時半~4軒の店を回って会社に戻る。

(5)6時半~帰宅。

*毎日定時に帰れて自由に過ごせるので、彼はネットゲ-ムを始めました。

優秀な営業マンにはベンツを貸与

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者