湯山玲子(著述家)の夫や子供は?二村ヒトシとの対談は未来?

湯山 玲子(ゆやま れいこ)さんの肩書きは
著述家(ちょじゅつ‐か)、ディレクター
とありますが、

 

著述家はとは分らないので調べて見ました

 

著述家(ちょじゅつか)、文筆家(ぶんぴつか)、
作家(さっか)、ライター (writer) ともいう。

「(著述家)」とは

翻訳家

評論家 – 評論家一覧

文芸評論家

ゲームライター

ジャーナリスト
(ライター)

フリーライター

スポンサーリンク
/ /

「小説家」や「評論家」などの類型から外れた
著述家を指すため非常に幅広く、

 

雑誌や書籍の執筆から広告の
コピーの制作、機械のマニュアル、ウェブサイトの
文書を書くことまでライターの仕事内容である。

 

 

また、これらは本来ライターの職域ではないが
カメラマン・イラストレーター・DTPオペレーター・ウェブデザイナーの仕事をこなす場合もある。

 

エディター(編集者)の役割を兼ね雑誌記事の企画を立てる、他のライターの仕事をとりまとめる役割などを担当するケースもある。

 

早い話能力がなければ出来ない仕事です
こんな仕事もあるのを始めて知りました。

 

 

org_20150428000703

画像;http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=20150…

湯山玲子(ゆやま れいこ)のプロフィール

職業:著述家、ディレクター

生年:1960年

出身:東京都杉並区久我山

出身校:学習院大学法学部卒

父親:作曲家 湯山 昭
(器楽、合唱、童謡と幅広い分野の作品を作られています)

所属:ホリプロ

略歴

ぴあに入社。

1990年代初頭にフリーの編集者となり、
雑誌や単行本の編集、執筆に加え、

 

広告のディレクション、プロデュースなど
多分野で活動。

 

「現場主義」を標榜している。

スポンサーリンク
/ /

クラブカルチャー、映画、音楽、食、
ファッションなどに口を挟むことが多い。

 

自らが寿司を握るユニット「美人寿司」も主宰。

 

有限会社ホウ71取締役。

日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。

 

湯山玲子著書

『女装する女』(新潮新書)、

『四十 路越え!』(角川文庫)、

『ビッチの触り方』(ワニブックス)、

上野千鶴子との対談『快楽上等! 3.11以降を生きる』(幻冬舎)、

『男をこじらせる前に 男がリアルに ツラい時代の処方箋』(角川書店)

 

湯山玲子さんの夫や子供は?

湯山玲子さんは1990年前半で30歳あたりに大手商社の旦那と結婚していますが、
一般人なので名前の情報はありません。

 

結婚式は上げたようですが
しかし、子供が嫌いなのか子育てが嫌なのか
子供はいないようです。

 

ネットでは独身説もありますが結婚はしております
その後離婚したかも情報はありません。

 

本人は好きな仕事が
続けられたら良いような企業戦士な方ですね。

 

旦那さんが余程理解があるか、諦めか、怖くて
沈黙しているか、

 

しかし、今も一緒にいるなら旦那さんは本当に
優しい方なのでしょう。

 

私だと多分離婚してでしょう、方やマスコミに
旦那は一般人、収入も違うでしょうから
格差婚・・・たえられません。

 

湯山 玲子/二村 ヒトシの日本に蔓延するセックスへの絶望

夫婦間のセックスレスは分りますが、セックスしたく無い男性・女性が増えているそうです。

 

夫婦間のセックスレスは当たり前、
恋人のいる若者は減少し、童貞率は上昇中だすです。

 

 

日本人のセックス離れの背景を真摯に大胆に語り合ったのが5月12日発売の

『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』です。

 

こちらのサイト

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない
二村 ヒトシ,湯山 玲子

http://www.gentosha.jp/articles/-/5448

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者