高橋博之(東北開墾)のプロフィールや高校と大学は?

高橋博之さんは2011年(平成23年)9月11日震災後の岩手県知事選に挑戦し落選してから、

 

生産者を取材した「食」の情報誌と、
生産者が作った食材をセットにして読者に送る
「東北食べる通信」とは。

 

月に一回発行される情報誌で、「東北各地のこだわりの生産者たち」を紹介しています。

特徴的なのは、その生産者の生産物が、情報誌とセットになって読者に届くという点。

 

月額2580円です。

 

FacebookなどのSNSなどを通じて、読者と生産者が直接交流を図ることもでき、“

つくる人と食べる人をつなぐ”ことができる情報誌なんです。

スポンサーリンク
/ /

消費者は、生産者と直接つながることで、
食の安心・安全を確保できる。

 

最近はスーパーよりも値段が高くても
産直コーナーで生産者の名前を見て買い物
する方が多いです。

 

あそこの000さんの作った野菜は無農薬で
手間隙かけて美味しいの。

 

お米でも000さんの田んぼは手入れが良く
毎年美味しいお米ができるから、今年も
注文しょう。

 

タマゴの安売りもありますが子供のアレルギー
や薬を使ってより多くのタマゴを生ませたり

 

健康を考えたら3倍もするタマゴを買っている
方も最近は多いです。

スポンサーリンク
/ /

 

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8d%9a%e4%b9%8b%e6%b0%8f_thumb

画像:http://www.ganken.jp/hirano/2012/06/30-091614.html

高橋博之(たはかし・ひろゆき)さんプロフィール

「東北食べる通信」の編集長

誕生:1974年生まれ

出身地:岩手県花巻市

学歴:県立花巻北高、

   青山学院大経済学部卒

99年衆院議員秘書

NPO法人 東北開墾代表理事

日本食べる通信リーグ代表理事

株式会社kakaxi 代表取締役社長CEO

Nippon Taberu TIMES 編集長

 

略歴

1999年衆院議員秘書

29歳岩手で県議を2期

2011年(平成23年)9月11日震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて
遊説するという前代未聞の選挙戦を戦い落選。

 

その後、全国30地域にご当地食べる通信が誕生
しました。

 

東北食べる通信はこちら

独自の哲学でおいしい食べものを作り続ける東北各地のスペシャリストたち。

毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けします。

価格:2,580円(税・送料込み)/月

https://taberu.me/subscribe/tohoku/

最後に

情報誌と食べ物が届くのもいいですね
私も申し込みます、東北頑張れ!!

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者