三科雅嗣(いちやまマート)山梨県のプロフィールや経歴は?

山梨県のいちやまマーの三科雅嗣(みしな・まさし)社長がカンブリア宮殿に登場。

山梨県で客から絶大な信頼を寄せられ、業績を伸ばすローカルスーパーなのです。

 

山梨県を中心に13店舗を展開するスーパーマーケット「いちやまマート」がなぜ人気なのか。

 

山梨エリアでは、

  • 「ザ・ビッグ」を運営するマックスバリュ東海(静岡県/寺嶋晋社長)
  • トライアルカンパニー(福岡県/楢木野仁司社長)
  • ダイレックス(佐賀県/大嶌秀昭社長)

などがディスカウントストア(DS)を相次いで開業しています。

スポンサードリンク

「ディスカウント(安売り)の嵐」のなか
店に置かれる食品は、「美味しさ・健康・安心」を

キーワードに素材選びや作り方にこだわっている。

 

店内で作られる惣菜や弁当は、減塩や糖質カットなど、

健康を意識した食品ばかりだそうです。

 

食品添加物を排除したオリジナルの食品。
国産小麦で作るパンやグルテンフリーのカレーのルー、

 

子供向けのお菓子など、現在の商品数は約400アイテムにも及ぶ。

 

最近は健康志向に皆さん変わって来ています、特に
お子さんの食は大事ですからね。

スポンサードリンク

 

そんな三科雅嗣(みしな・まさし)社長のプロフィールや経歴など調べて見ました。

 

dscn9730-3

画像:http://www.shoninsha.co.jp/blog/2010/04/13/2181/

三科雅嗣(みしな・まさし)社長のプロフィール

いちやまマート代表取締役社長

誕生:1952年

出身地:山梨県生まれ

学歴:慶應義塾大学卒

就任:1991年4月、いちやまマート代表取締役社長(現)

新日本 スーパーマーケット協会常任理事

略歴

創業は1958(昭和33)年4月ですが、

 

三科社長は父親をを55歳で亡くしおり、
また兄上は46歳で早世されたそうで、

 

そこで38歳の時に、社長になったわけです。

その後、12店開設させ、11店を閉鎖した?

 

ですから600坪くらいが、いちやまマートの標準店となっているとのこと。

 

ローカル・スーパーマーケットのひとつのあり方を、しっかりと示す企業となった。

すなわち「規模」を追いかけることなく、「質」を追求する企業であるわけです。

会社概要

http://ichiyamamart.com/about/

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者