東海林弘靖(照明デザイナー)プロフィールや大学は?代表 作品とは!

【光のソムリエ】 長きに渡り光を追及する
照明デザイナー東海林 弘靖さん。

 

活動の幅は国内ばかりか海外でも活躍されています。
そんな東海林 弘靖さんがNHKプロフェッショナル 仕事の流儀で紹介されます。

 

大学では建築デザインを専攻してましたが、
建築照明との出会いは、新宿NSビルが日本で初めて
建築照明を取り入れたことが掲載されていた雑誌
だったそうです。

スポンサーリンク
/ /

その雑誌特集に感銘を受け、その照明デザインに
携わっていた「TLヤマギワ研究所」に入社。

 

照明デザインの知識がなかったので面接をしてもらうまで何回も

自分を売り込みに通ったほど照明デザイン
にかかわりたかったのでしょう。

 

そんな東海林弘靖さんのプロフィールや大学
そして代表作品など調べて見ました。

 

9aabea68a505999556cf25a9f21f2a41

画像:http://spot-top.com/?p=1263

東海林弘靖(しょうじひろやす)さんのプロフィール

職業:照明デザイナー・国際照明デザイナー

LIGHTDESIGN代表取締役

誕生;1958年生まれ

出身地:福島県福島市

出身大学:工学院大学・大学院建築学専攻修士課程修了

家族:4人家族(嫁さん・長男・長女)

経歴

● 1984-1990

TLヤマギワ研究所にて中島龍興氏、面出薫氏に師事。照明技術の基礎と実務経験を積む。

この間、槇文彦氏、伊東豊雄氏、内井昭蔵氏、原広司氏などの建築家の照明コンサルタントとして従事した。
● 1990-1999

スポンサーリンク
/ /

面出薫氏らと共にライティング プランナーズ アソシエーツを設立。取締役に就任。
この年FISHER MARANTZ事務所にてアメリカを代表するライティングデザイナー、ポール・マランツ氏に師事。

建築照明の極意を体得する。以降、面出薫氏の片腕として数々の建築照明を担当した。
● 2000~
東京銀座に有限会社ライトデザインを設立。

ニューヨークのSMLightingDesignInc.と業務協力体制を結ぶ

 

 

 

東海林弘靖さんの代表作品は?

一言で表すと、東海林さんにとって光とは

光は『命の証』です

仕事はは年間約20プロジェクトあるそうですが
建築で2~3年かかるのもあるので
常時約50プロジェクトが動いているような状態です。

代表的な作品は「二子玉川ライズ」 水と緑と光を融合した複合施設だそうです。

fb9dedca-862b-4de1-9ad2-cb03c2634f77_1

画像:https://asoview-news.com/article/4928/

main_2

画像:http://www.enjoytokyo.jp/kuchikomi/419349/

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者