本波幸一(釣り士)の経歴や職業はなに?ハンドメイドの値段?

本波幸一さんはイトウ、アメマス、サクラマスなど、
淡水の大物だけを追い続けている。

 

本人は“釣り士”と名乗る

 

2010年には北海道で112cm・15kgのイトウを釣り上げている。

目標は世界に5種類いるとされるイトウを全て釣ること。

スポンサードリンク

つりの趣味の方はご存知なのですが、イトウは
サケ目サケ科イトウ属に分類される淡水魚である。

 

漢字では(伊富、伊富魚、伊当、𩹷(魚偏に鬼))と書きます。

 

日本最大の淡水魚として知られており、体長は1mから大きいものでは1.5m、

本波幸一さんは2010年には北海道で112cm・15kgのイトウを釣り上げているそうです。

 

日本の記録は、1937年(昭和12年)に十勝川でおよそ2.1mのイトウが捕獲されたことがある。

 

ただ近年はイトウの生息するのは
北海道の一部(11水系)の河川・湖沼に、
その他樺太や、南千島に生息しているだけ。

 

そんな本波 幸一(ほんなみ こういち)さんの
調べてみました。

 

troutist099

本波 幸一(ほんなみ こういち)さんプロフィール

誕生日:1959年9月25日

出身地:岩手県久慈市

学歴:水産高校卒業

 

略歴

水産高校を卒業された後、

国鉄(現JR)に入社してます。

 

父親はは漁師で、幼い頃から家の横を流れる
川と、目の前に広がる海で釣りに明け暮れていまして、水産高校に進学した。

 

国鉄に入社しましたがつり好きで
有給休暇はほとんど全て釣りに費やし
ついに44歳で退職したそうです。

スポンサードリンク

 

他の社員の目や勤務態度で昇格するでしょうから
会社的には印象は悪かったと思われます。

 

現在の生計は

ハンドメイドの釣具で生計を立てているそうです。

 

honnamirod_972_10

HonnamiSpirit ホンナミスピリット 「ホンナミロッド 972HD スタンダードモデル」

83,376円 (税込)

モンスター狙いのためのロッドです。
1メートル以下の魚はいりません。

 

はるかに150cm・50kgに近い超ド級のモンスタートラウトに的を絞ったロッドです。

長さ:9.7ft セクション:2ピース 適合ウェイト:12-60g 適合ライン:12-30b

チタンフレームSicガイド トップガイド以外は
Wフット
※オプショングリップ:イトウ彫り・琥珀製ワイディングチェック(89,856円)

大物つりは値段もいいですね、しかしフアンも
多いそうです。

ゴルフで言えばプロ級の道具のような物です。

 

本波さんのこんな言葉を紹介

「大物を釣ろうと思ったら、同じ場所で釣り続けなければ駄目。

1週間なら1週間、できたら1カ月、同じ湖でずっと釣りをする。

釣りを続けることでいろいろなことが分かってくる。

点が線になる。午前はこっちの湖、午後からは川、次の日は別の川って動いたら、

わかるのは点だけ。それでは何も分からないのと同じさ」

 本波さんはそうやって湖に立ち、釣り続けてきたのだろう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者