デング熱対策 虫よけスプレー 選びのポイントは“この成分”、「ディート」

•ÒW•”

デング熱拡大で虫よけスプレーや殺虫剤の品薄状態が続いているが、

見境なく買ってはいけない。国立感染症研究所は、「ディート」(虫よけ化合物)

を配合した蚊の忌避剤を推奨しているが、各社の商品によって配合濃度に

バラつきがある。

「海外では30%を超す配合量の商品も販売されてますが、

日本では肌荒れなどの恐れがあるとして、薬事法で12%の配合までしか

認められていません。

濃度が高いほど蚊の忌避効果は高くなりますが、今回、代々木公園周辺で

見つかったデングウイルスを持つヒトスジシマカは、5%程度の濃度でも

近寄ってきません。

肌の弱い人や幼児などは、あえて薄めの虫よけを購入するという手もあります」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

■海外でも愛好される蚊取り線香のパワー

購入前にはパッケージの成分表示をよく読むこと。

そこに配合量がパーセンテージで示されてある。

上限の12%を求めるなら、

医薬品の「ムヒ・虫よけムシペールα」(池田模範堂)、

「サラテクトFA」(アース製薬)、

「メンターム虫バイバイEX」(近江兄弟社)などがある。

注意したいのは、ディートの効果が持続性に欠ける点。

雨や汗ですぐ流れるため、バーベキューや登山などに出かける人は、

2~3時間置きに塗布することを心がけたい。

一方、東南アジアなどデング熱の流行地帯に出かける人には

「蚊取り線香」を推奨する。

熱帯地方の蚊は、日本の蚊のように“ヤワ”ではなく、虫よけでは、

太刀打ちできないケースもあるのだ。

「日本伝統の蚊取り線香の成分は、ディートより強力な天然ピレスロイド。

煙が出る分、効果が高く、海外でも愛好者が多い。

最強の蚊よけといっていいでしょう」

フィリピンやタイでもデング熱やマラリア対策として

日本の蚊取り線香が大人気だという。

販売実績130年の伝統はあなどれない。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者