「おさい銭」の縁起いい金額はいくら?5円玉の魅力とおみくじ!

初詣で神社におまいりにいきますが、皆さんは
いくらにしてますか?

 

10円じゃだめなの・・・・・?

皆さん10円いれていますがなぜ
100円はもったいないし、といって1円、
5円ではケチに見える。

 

img_0

画像:http://blogs.yahoo.co.jp/selfishpapa/21441018.html

スポンサードリンク

ベストセラー『神社の謎』著者の合田道人氏が解説

●10円は『遠縁』と読めて、縁が遠ざかるからです

それで縁がなかったのか、じゃいくらなら言い訳

 

●5円(ご縁)、11円(いい縁)、20円(二重に縁)、25円
(二重にご縁)、41円(始終いい縁)、45円(始終ご縁)

1万円(1万円は「円万」ということから、「円満に通ず」
という意味になります)。

 

おさい銭の注意

●500円(これ以上効果(硬貨)がない)。

●夫婦、家族で参拝するときまとめてでは無く、
各自縁起のよい金額をよういする。

スポンサードリンク

●テレビなどで初詣のニュースが流れますが
列の後ろの方から思い切り放り投げる人がいるが、

 

あれもNGです。

おさい銭は神様へのお供え物という意味を持つので
近くまで行ってから

「右手で持って、左から右へ優しく流すように
投げ入れてください」(合田氏)

おみくじの注意

おみくじは木にむすぶ、財布に入れる?

 

おみくじを引くと、神様と縁を結ぶという意味で
それを境内の木に結ぶ習慣があるが、

 

木を傷めてしまうので、何が出ても、
いつも財布の中などに入れて
持ち歩くのもいいでしょう。

 

そもそも占いとは、物事の始めにあたって、
まず御神慮を仰ぎ、

これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、
ある種の信仰の表れともいえます。

例えば、小正月などにその年の作柄や
天候を占う粥占神事(かゆうらしんじ)や、

神社の祭事に奉仕する頭屋(とうや)などの
神役を選ぶ際に御神慮に適う者が選ばれるよう

「くじ」を引いて決めることなど、
古くから続けられてきました。

「おみくじ」もこうした占いの一つといえます。

「おみくじ」は単に吉凶判断を
目的として引くのではなく、

 

その内容を今後の生活指針として
いくことが何より大切なことといえます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者